« ひさびさに… | トップページ | 木造立体駐車場 »

シェレフテオの木造高層住宅

 もう4か月も前のことですが、11月に出張でシェレフテオに行った時のことを思い出して書いてみようと思います。実は、これまで書く気が起らなかった一番の原因は、カメラを失くして来てしまったことなんです。訪問先を色々探してもらったのですけど、結局見つからずじまい。色々な写真を撮ったのですけど、そのデータが全部なくなってしまったのは大ショックでした。なので、写真は同行していた方からの借り物です。
 今回のシェレフテオ訪問の目的はいくつかあったのですけど、一番の目的は「木」の使われ方を見ることでした。私の勤める某市の市長はじめ行政のメンバーと、民間企業の方々との合同視察団を結成し、いざ北スウェーデンへ。
 成田からスカンジナビア航空の飛行機に乗り、コペンハーゲンとストックホルムで乗り継いで、夜中に到着したシェレフテオ。1年半ぶりの訪問でした。やっぱり、北スウェーデンは遠いです。ただし、気温は+4度くらいとそれほど寒くないのは幸いでした。
 到着した翌日はいよいよ、シェレフテオ市役所の元同僚たちとの再会がありました。まぁたった1年半なので、皆それほど変わったこともなかったのですけど、オフィスが新しいフロアに移転していて、北欧インテリアに囲まれた心地よさそうなオフィスに変わっていました。再会を果たすと、さっそく日本から持参した和菓子を食べながらのフィーカが始まりました。なつかしいこのフィーカタイム・・・。これこそ日本に持ち込みたい・・・(やっぱり無理なんだよな)。ただし、お世話になったボスは職が変わっており、新任のボスになっていたのでした。
 シェレフテオ市をはじめ、木材関連企業は数年前から木造高層住宅の普及に力を入れています。NHKの特番でも取り上げられ、このブログでも以前にも紹介した(→リンク)建物のほかにも建設中の木造高層建築がありました。市街地のEkorren(エコーレン)という一角に建設中の現場を案内してもらいました。スウェーデンでは、建築法規がEUの基準になったことから、以前は不可能だった木造高層建築が可能となり、法律上は階に上限はないのです。
 建築中の建物は、地上5階建ての木造高層住宅が2棟あり、どちらもモジュールと呼ばれる1戸ごとのブロック状のものをクレーンで積み上げていき、建設するのだそうだ(→パンフ参照)。モジュールはスウェーデン中部にある工場で製造されているが、材木は北部スウェーデンのものを利用している。工場内でモジュールはほぼ完成されており、工事現場ではモジュールの外側に給排水は電気などの接続を行なうのみで、現場での作業量は少ない。この工法での上限は地上6階建てだという。3重の壁で支える構造であり、モジュール自体の強度が強いので、転がしても壊れることはないという。住宅の室内は木が多く使われており、木のよい香りが漂っていました。間取りはバリエーションがありますが、3部屋+DK+ユニットバスのタイプで、入居時に居住権料として約2千万円を支払い、毎月の共益費(暖房費、水道料)が約6万円、電気料金のみ各自で負担するのだそうです。(つづく)
Img_0302 Img_0310 Img_0305

|

« ひさびさに… | トップページ | 木造立体駐車場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひさびさに… | トップページ | 木造立体駐車場 »