« シェレフテオの木造高層住宅 | トップページ | Stigs »

木造立体駐車場

 前回紹介した木造高層住宅の隣には、スウェーデン国内初の試みとなる木造立体駐車場が建設されていました。地下2階・地上4階の構造となっていて、シェレフテオ市が全額出資する不動産会社「ポラリス」が所有する駐車場です。地上部分は商店街への買物客用で、地下部分は隣接の集合住宅の入居者用に使われます。外観は木材を格子状にした造りになっていて、一見頑丈そうな感じでもないですが、中に入ってみるとやはり太い構造材を使った武骨な構造になっています。柱・梁など構造部分は大断面集成材による建築となっており、駐車場の路面はコンクリート舗装されています。
 ちょうど私たちの滞在中に、この駐車場のオープニング式典があったのでした。地元の木材会社マーティンソンズや、設計者、シェレフテオ市執行委員長、ヴェステルボッテン県知事らがスピーチをした後に、バイオガスで走るフォルクスワーゲンで渡り初めならぬ入庫初めの儀が、マスコミも多数参加して賑やかに行われたのでした。知事らも、シェレフテオは林業が盛んなだけでなく、大規模な木造建物を積極的に活用する「木材の首都」だと盛んにアピールしていました。
 技術的にはそれほど難しくないのかもしれませんが、立体駐車場を木造で造ってしまうという発想は面白いですよね。日本じゃ造りたがらないですよね。

Img_0293_3 Img_0295_3 Img_0316_3 Img_0422

|

« シェレフテオの木造高層住宅 | トップページ | Stigs »

コメント

日本では耐震基準とか、シロアリ対策とか難しそうです。

投稿: どら吉 | 2010年3月10日 (水) 00時29分

どら吉さん

ご無沙汰しています。
そうなんですよね。日本で木造というと耐震性とシロアリの話がでてきて、障害になってしまうんですよね。

投稿: kinta | 2010年3月13日 (土) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シェレフテオの木造高層住宅 | トップページ | Stigs »