« テレ朝スウェーデン特集(その1) | トップページ | テレ朝スウェーデン特集(その2) »

脱原発方針撤回/Changing Nuclear Power Policy

 今朝の朝日・日経・東京の朝刊各紙に、スウェーデンが脱原発路線を撤回するとの記事が載っていました(→朝日、→日経、→東京)。スウェーデンの脱原発政策といえば、スリーマイル島の原発事故をきっかけに反原発の気運が高まり、1980年に国民投票の結果を受けて、新たな原子力発電施設の建設をしないことと、2010年までの原発全廃という決定がなされたのです。その後、2010年という期限は撤回されたようですが、新設はしないという方針は維持していたのです。しかし、今回、新たな設備を建設できるという法案が可決される見込みだというのです。
 地球温暖化が問題となっている現在のエネルギー源として、原子力は必要だという認識になったようです。風力、バイオマスなどの自然エネルギーの開発は行っているものの、原子力に取って代わるだけの発電量が確保できる見込みが立っていないということでしょう。1980年とは温暖化問題の取り上げられ方も全く違っていますしね。スウェーデン流のプラグマティズムとでも考えるべきでしょう。発電の割合を見ても原子力約45%、水力45%と、発電の中心を原子力が担っているわけですからね。
 昨年、スウェーデンにいたとき、職場の人たちと原発の話をよくしたものです。必ず話題に出てくるのはスリーマイル島やチェルノブイリの事故のことでした。日本には原発がいくつあるのかと聞かれたこともあるのですが、残念ながら僕はそこまでの知識を持ち合わせておらず、彼らの原発問題の意識の高さを感じたものでした。この脱原発の方針はスウェーデンの環境先進国としての看板的な方針であったので、個人的にはちょっとがっかりなんですけどね。2020年までに化石燃料に依存しない社会を作るという「脱化石燃料宣言」も反故にされなければいいなあと思っています。

|

« テレ朝スウェーデン特集(その1) | トップページ | テレ朝スウェーデン特集(その2) »

コメント

Hej, Kinta san!
このところなんとなく世の中のニュースについて行けてなくて、原子力発電に関してしきりに議論しているなあと思っていたのですが、Centernのモード・オロフソンが歴史的改心をしたらしく、与党は、既存の老朽化した施設に替えて、新リアクターを建設することで一致したようでした。でも野党は(環境党はもちろん)反対を貫くようですし、電力会社も、原子力発電所の新設はコストが高い(風力に比べて!)ということで慎重な姿勢を見せていて、それほどこぞって新設に取り掛かる雰囲気はないみたいです。まだはっきり新設開始と決まったわけじゃない、というニュース解説をちゃんと理解できていないのですが、もしかしたら、もう来年は選挙の年なので、そこでまた政権が変わったら、新規建設が始まらないうちに、再び凍結される可能性があるということなのか・・・、すみません不確かな情報で。

投稿: Blåttbarn | 2009年2月13日 (金) 10時37分

なるほど。
なかなか日本には概略しか伝わっていませんが、注視していく必要がありますね。

この不況だと社民党の返り咲きって可能性はありますよね?でも現時点だと原子力なしの選択肢はかなり厳しいですよね。

投稿: kinta | 2009年2月15日 (日) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレ朝スウェーデン特集(その1) | トップページ | テレ朝スウェーデン特集(その2) »