« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

イッタラに行ったら/iittala GINZA

 ヨーロッパ以外では初だという「イッタラ」の路面店が昨年11月、銀座にオープンしたという話は耳にしていましたが、最近の新聞報道によると売上が計画の3倍だそうで(→リンク)、売上も好調らしいですね。イッタラ(→リンク)といえばフィンランドの食器メーカーで、見たことのある人が多いはず。しかし、かなりシンプルなデザインのものが多いので、知らなければイッタラ製品だと気付かないことも多いです。もちろんスウェーデンでもポピュラーで、僕が借りていた部屋のオーナーはイッタラ好きだったらしく、食器棚の中はイッタラの食器ばかりで、イッタラの食器を見るとあの部屋を懐かしく思い出すのです。
 近くに行く機会があったので、銀座のイッタラにちょっと寄ってみました。お店の方は思っていたほど広くなかったですね。お店の奥にでっかいフクロウの絵が書いてあるなあと思って近くに行ってみたら、キャンドルグラスなどの製品が壁面に作られた棚に置いてあって、遠くからみるとフクロウのデザインになっているのです。
Photo
 ここにはイッタラ製品のフルラインアップが揃っているのだそうです。もちろんムーミン柄の食器も置いてありました。いつも思うのだけど、このムーミン柄の食器、ちょっと高い気がしませんか?このムーミン柄はフィンランド製でしたが、他のデザインのものはインドネシア製やタイ製が多いのです。店員の人に聞いてみると、今はイッタラ製品は世界中で需要が多いのでアジアで作ってヨーロッパにも輸出されているのだそうです。製品の方はイッタラ社が厳しいチェックをしているので問題ありませんとのこと。
 店内には商品が整然と並べられていて、まあフルラインアップといっても、そんなにすごく多い種類があるわけではないので、このくらいの広さの店で十分なのでしょう。北欧雑貨を扱っている他の店でもイッタラ製品は買えますが、話の種に一度行ってみるのもよいでしょう。
 そういえば1週間ほど前の東京新聞に「H&Mのあの行列はどこに?」という記事が載っていました(→リンク)。これまでのマスコミの報道は、ちょっと過剰に盛り上げ過ぎかなあと感じていましたが、この記事はこれまでのマスコミの取り上げ方とは違うちょっと冷やかなものでしたね。イッタラに行ったついでにH&M銀座店にも足を延ばしてみると・・・、そこにはやはり行列はありません。店内にスムーズに入れました。店内もそれほどの混雑ではなかったです。メンズフロアに行ってみましたが、ユニクロよりは高いですが、デザインもまずますで値段も手頃でいいんじゃないですかね。ここでも店員さんに、「もう行列はないんですか?」と聞いちゃいました。「日によって並ぶ日もありますが、入場制限もなくなって以前ほどの混雑ではないですよ」とのこと。やっぱりこの記事は本当でしたね。店員さんの方もオープン当初の混雑は予想外で驚いたのだと。やっぱりあのフィーバーぶりは一過性のものなのかもしれませんね。

| | コメント (5)

IKEA新三郷/IKEA Shin-Misato

 1ヶ月ほどブログを書くのもさぼり気味でした。その間も色々と書きたいこともあったのですが、年末年始はたくさんやることもありますしね。
 ところで、先日、IKEA新三郷に行ってきました。昨年の秋にオープンしたばかりのこの新店舗ですが、日曜日の午後に車で到着したものの特に混雑もなく駐車場に入れました。三郷って行ったことがなかった場所ですが、どちらかというと開発途上のニュータウンといった立地で、周辺の道路もそれほど混雑しなさそうです。とはいっても、店内の方は結構人が多かったです。1階の軽食コーナーと2階のレストランも混雑していました。
 これといって家具を買いに行ったわけではないのですが、前から探していた「ジャガイモの皮むき」、とスウェーデン食材を少し買って帰ってきました。ジャガイモの皮むきは日本のはT字型のものが多いですが、スウェーデン式の縦型(I字?)のやつは結構使いやすいのです。リンゴなど果物の皮むきにも◎。食材はクリスマス用の物がかなり売れ残っていて、クリスマスに飲むホットワイン「グロッグ」は箱で大量に残っていました。スパイスに入れるレーズンとナッツの袋詰めも売っていたのですが、これって日本人の口にはあんまり合わないと思うんですよね。ちょっと珍しいので買ってきても、きっと1杯飲めば十分・・・ってなりそうな気がしました。ジンジャーブレッドハウスや、デコレーションに使うハート型のジンジャークッキー、それとサンタ型のユールスクムも売ってましたね。クネッケもクリスマスバージョンを見かけました。

Photo_4_2 Glogg_2 Skum

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »