« ビッグフレームinシェレフテオ/Big Frame in Skellefteå | トップページ | アドベントカレンダー(その2)/Advent Calender vol.2 »

経済危機/Economic Crisis

 アメリカ発の金融危機の影響で、日本だけでなくスウェーデンも影響を受けているところですが、スウェーデンでは政府が緊急経済対策をまとめたようです(→リンク)。その内容というのも、雇用創出により失業者の就職を促進しようというもののようです。最重点の対策は、住宅のリフォームや改築の場合の税を減税しようというもの。これによって建設業界での雇用を創出しようとしているようです。これは日本でも検討されている住宅減税に通じるものがありますね。
 もうひとつは職業教育部門で、高等職業教育プログラムを整備し、雇用につなげようというものです。定員3000人のところを6000人に倍増させるというもの。しかも、25歳以上の人には安価でその教育を提供しようというものです。日本でもこのような提案があるものの、話題は定額給付金の問題ばかりであまり具体的には語られていませんよね。日本の2009年の派遣法問題を考えたら、長期的に見て定額給付金より建設的な政策じゃないでしょうか。職業教育の伝統を持つスウェーデンらしい政策でもあります。
 アメリカと違うのはボルボやサーブなど、不況の自動車業界の支援については一言も言及しなかったということです。実際には救済策について議論はされているようですが。
 もうひとつは、その影響が地方自治体にも及んでいるというニュース(→リンク)。日本と同様にスウェーデンの地方自治体では、金融危機の影響で税収減が予想されており緊縮財政を行う必要があり、全国の自治体で4500人の職が減ると地方職員労働組合が調査結果を発表したそうだ。スウェーデンの自治体は借金をするもの大変になるとのこと。計画していた公共工事を延期するケースもあり、建設業界の雇用にも影響してくるだろうとのこと。このような状況は日本とほとんど一緒ですね。

|

« ビッグフレームinシェレフテオ/Big Frame in Skellefteå | トップページ | アドベントカレンダー(その2)/Advent Calender vol.2 »

コメント

ボルボやサーブも不況のあおりを受けているんですね。トヨタはどうなのかな?こちらではトヨタやホンダがあまりにも売れてるから、「愛国心の足りないアメリカ人がアメリカ車を買わないからアメリカの自動車業界は危機に陥ってるんだ」などと的外れなことを言う人もいます。
オバマさんも、公共事業を中心に雇用を創出するというニューディール的経済政策を打ち出していますが、その金はどこから出るんでしょうね?年収が25万ドル以下の人は減税にして金持ちから税金を取る、と言ってはいても、金持ちは税金逃れの方法をいくつも知ってるから、税収入の増加は難しいと思う。
アメリカの州政府も財政危機らしく、特にカリフォルニアは来年2月には現金が底を付く可能性があるとか。カリフォルニアには金持ちの芸能人や大企業のCEOがいっぱいいるんだから、彼らが支持したオバマさんの要請にしたがって「spread the wealth」を実行すべきでしょう。

投稿: ぴーなっつ | 2008年12月 9日 (火) 01時23分

給付金問題はKINTAさんの実務がものすごく増えて大変ではないでしょうか?

来年はもっとこの経済危機が大変な時期を迎えると思われます。

投稿: ドラ吉 | 2008年12月 9日 (火) 23時34分

ぴーなっつさん

世界のトヨタも大幅減益の予想で大変なことになりそうです。トヨタで潤っていた豊田市も税収が大幅減の予想で、来年は厳しそうです。企業城下町ってのは、企業と運命共同体ですからいい時もあれば悪い時もありますね。

日本では「派遣切り」っていうのが毎日マスコミで騒がれてますよ。貧富の格差もアメリカ並みになってきたのかなぁ。

ドラ吉さん

定額給付金の事務は自治体泣かせですよ。職員の間では忙しい時期に事務量が増えそうで、あまり評判は良くないです。他にもお金の使い道はいっぱいありますよね。ドラ吉さんちの方も景気よくないですか?

投稿: kinta | 2008年12月10日 (水) 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビッグフレームinシェレフテオ/Big Frame in Skellefteå | トップページ | アドベントカレンダー(その2)/Advent Calender vol.2 »