« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

ノキア参入/Nokia to Japan

 今日の朝刊を見たら「ノキア参入」の見出しが1面に(→リンク)。ついにフィンランド、いや世界のノキアが来たか。日本でもノキアの携帯はソフトバンクなどで買えないことはないが、あまりメジャーとは言えない。記事を見ると、超高級端末「ヴァーチュ」でイメージを高めるそうだが、このヴァーチュとやらのページを見ると(→リンク)とても一般庶民が買えるような代物ではない。わざわざこんなニッチな機種を売るために、ドコモの回線を借り上げるMVNO(仮想移動体通信事業者)とかいう手法を使うわけではあるまい。きっとそのあとに出す普及機で利益を上げようと思っているのだろう。日本の携帯電話会社にとってはiPhoneなんかよりもずっと怖い存在になるのだろう。大量に製造される世界標準の携帯を低価格で売って、通信料も安く提供することとなれば結構面白い。
 でもnokiaの携帯はimodeには対応していないし、ワンセグだって搭載する気はないのだろう。飛行機で隣に乗り合わせたノキアの社員の人は、日本の携帯の方が機能は満載、液晶も解像度が高くきれいで、ノキアの携帯は日本製には性能面で及ばないと言っていた。というよりも、日本の携帯メーカーは新モデルを発売する頻度が限られていて、全部載せにしてくるのだという。nokiaの携帯の機能は日本のに比べるとシンプル。最近は日本の携帯電話市場も成熟し、日本のメーカーには携帯電話から撤退する会社も出てきた。その方曰く、日本のメーカーは世界標準にするのが下手なのだとも。
 nokiaの携帯と聞いて、「チャラランラ・チャラランラ・・・」というあのノキア独特の着信音が鳴ると皆が一斉に自分の携帯を探すという景色を思い出した。あのノキア音を日本でもよく耳にするようになるのだろうか。

| | コメント (0)

ルシア投票/Vote for Lucia

 今年も早いもので12月が近づいてきました。ライブカメラを見てみると、シェレフテオでも積雪があったようです(→カメラ)。スキー場があるビートべェリエットも文字通り「白い山」になりつつあります。
 12月といえばスウェーデンでは聖ルシア祭ですが、昨年はシェレフテオの教会でルシアを見ることができました(→リンク)。7人の女の子が行列になり、「サンタルシア」を歌いながら教会に入ってくる様子は、彼女たちの歌声が教会の中に反響してとても清々しいものでした。その中でもろうそくを頭につけた「ルシア」役の子は主役ですから特に目立つのですが、この役になる子を選ぶのは、シェレフテオでは地方紙「ノラ・ヴェステルボッテン」の投票で決められるのです。今年もその投票をホームページ上でもやっていました(→リンク)。
 「誰が今年のルシアに?歌声を聴いてあなたの気に入った人に投票しよう」と題されたページには、7人のルシア候補の写真があります。彼女たちの写真の下にあるリンクを見ていただくとわかるのですが、動画でそれぞれの女の子が自己紹介と歌声を披露しています。ルシアになるには美しさだけでなく、美しい歌声も要求されるのです。自己紹介の動画を見てみると、この子たちは17、8歳の高校生。みんな歌が上手いですよ。「歌うことが好きで、趣味は友達とお茶したり・・・」などと自己紹介をしていて、みんな個性があって面白いです。あなたは誰に投票しますか?っていってもSMSでないと投票できないんですね。残念。

| | コメント (4)

H&M Japan vol.4

 先日、H&M原宿店がオープンしましたが、予想どおりの大混雑だったようです。オープンを待って行列に並んだ人は2,000人、入店まで4時間待ちだったというニュースが流れていました(→リンク、→ニュース映像)。3日前から待った人もいたとか。この人気は本物ですね。ユニクロの社長は、むしろ市場を刺激すると語ったようです。
 そういえば、先週ユニクロに行きましたが、結構混んでいましたよ。急に寒くなって冬物を買い求める人が多かったのか、ヒートテックのアンダーウェアの広告の効果なのか、レジを待つ行列ができていました。ユニクロもフリースとか、靴下とか消耗品的なものは意外にいいのですけど、全体的にみるとデザインはH&Mには勝てなさそうです。久々に行ってみて改めて思いました。原宿店の品ぞろえはこんな感じだそうです(→リンク)。
 IKEAもついに埼玉県に進出し、三郷に新店舗をオープンします。家からだと船橋よりぐっと近くなるんですよね。スウェーデン系企業は最近、元気な気がしますね。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »