« H&M Japan vol.2 | トップページ | 炭酸水禁止/Kolsyrat vatten förbjuds »

野外教育/Outdoor Education

 久々にスウェーデン大使館へ行ってみた。というのも、スウェーデンのリンショーピン大学の教授が来日していて、環境教育(野外教育)についての講演会があるというのだ。2人の先生方が講演をしたのだが、1人は小児科医の先生で、もう1人は生物学者(たぶん)で、野外教育を受けた子供がどのような効果があるのかというのを、科学的に研究しているらしい。
 初めに話をした小児科医の先生が言うには、現代社会はストレスを感じる人が増加しており、長く続くストレスによって心身が健康でなくなり、情緒が不安定になったり、肥満や糖尿病、高血圧、睡眠障害、免疫障害が起こりうるのだという。特に子供のころにストレスが多かったり、愛情を受けて育たないと心身の成長に悪影響を及ぼすのだそうだ。ストレスが高まるとコルチゾール(→ウィキペディア)という物質が分泌されて、その量でストレスの度合いがわかるらしく、野外教育を受けた子供はコルチゾールの濃度が低下する(ストレスが緩和される)という効果があり、子供の情緒安定などに効果があるのだそうだ。
 もう一人の先生も、野外教育には好奇心、創造性、協調性を養う効果があり、未就学の子供のうちから始めることが良いと言っていた。小さいときに自然に触れておくと、大人になってから環境を大事にするようになると言っていた。実はこれは、スウェーデンにいるときにある人から言われたことと一緒だった。野外教育には特別の道具を必要とせず、自然の中にあるもの(植物とか)を使えば良いのだそうだ。そして、野外での学習(自然体験)と教室内での学習(調査など)を組み合わせるのが効果的なのだそうだ。
 終わったあとに、先生が日本では野外教育はどのような状況なのかと質問してきたが、参加者の一人は、日本では小学校の体験学習などで環境学習を取り入れようとしているが、教育する先生方がどのように教えてよいのかわからないのだという。やはり、どこでも似たような問題を抱えているんだなあ。でも、最近はスウェーデンでもそういう問題はあるそうで、大人自身が自然体験が豊富ではないので、教え方をテキストにして出版しているのだという。
 まあ、今回はいろんな意味で収穫がありましたが、つまるところ
・野外教育は心にも体にも良いことが、医学的にもある程度証明されている。
・野外教育は子供が小さいうち(未就学児)から始めた方が良い。
・野外教育は自然にあるものを使って、手で触れたり、体を使ってやるとよい。
・野外教育をやるには大人自身も教え方を学ばなければならない。
こんなとこでしょうか。

※参考に以前の環境教育の書き込み(→

|

« H&M Japan vol.2 | トップページ | 炭酸水禁止/Kolsyrat vatten förbjuds »

コメント

講演会はスウェーデン語で行なわれたのですか、それとも英語?
親子でキャンプに行くとかだけじゃダメなんでしょうかね。ただキャンプ場でバーベキューするだけでなく、散歩道を歩いて植物を採集したり、鳥や虫の写真を撮ってあとで図鑑で調べるとかするだけでも効果があるかと思うんですが。
日本の、特に都会はほんとに自然に触れ合える場所がないから学校で野外教育というのは難しいかもしれないですね。私の実家(神奈川)の周辺には子供を遊ばせる公園もろくにない状態だし。
ただ、アメリカには広大な土地がいっぱいあるんだから、この教育方法を取り入れてもいいんじゃないかと思います。子供のうちに自然や環境の大切さを教えておけば、ストレスが減って少年犯罪の減少にも役立つかも。
ちなみにわが家では、裏庭で自然学習ができます(笑。
ところで、リンショーピンて中国語みたいな名前だなといつも思うんですけど。あとスウェーデンセンターってなくなっちゃったんですね。残念です。

投稿: ぴーなっつ | 2008年9月25日 (木) 22時53分

ぴーなっつさん、こんばんは。

この前のハリケーン「IKE」の被害はなかったですか?ヒューストンの街中の人気のない風景とかがニュースで映っていましたが、あういうのを見るとハリウッド映画そのまんまだなあと思いますね。インディペンデンスデーなどで、住民が車に乗って一斉に非難するシーンと重なってしまいました。

講演会は英語でした。日本語の通訳付きですが、細かいところまでは通訳の方も訳してくれなかったです。ちょっと専門的な用語もあったので、通訳の方も大変だなあと思いましたよ。

野外教育といっても、ぴーなっつさんがいうような、植物採集をして図鑑で調べるとか、そういう基本的なことで十分のようです。本物の自然に触れて、手で触ってみたり、体で感じてみるのが大事みたいです。田舎の自然だけでなく、都会の中の公園でも、工夫すれば立派に野外教育ができるのだそうですよ。ぴーなっつさんの家みたいに、恵まれた環境はそうはないでしょうけどね。子供さんには最高の環境ですね。

リンショーピンと聞くと、確かに中国か朝鮮半島の地名のような響きがありますね。ヨンショーピンという地名も確かありましたね。北朝鮮の核施設でもありそうな響きだ…。

投稿: kinta | 2008年9月25日 (木) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« H&M Japan vol.2 | トップページ | 炭酸水禁止/Kolsyrat vatten förbjuds »