« バイオガス・バス/Bio-gas bus | トップページ | 挙式/Wedding »

新木橋/New timber bridge

 シェレフテオ市内のÄlvsbacka地区で進められている木造集合住宅の話も前に紹介したのですが(→リンク)、これと一緒に造られる木橋の概要がシェレフテオ市のHPに載っていました。この橋は全長135メートル、幅員4メートルのつり橋で、歩行者と自転車用の橋となっています。ここで完成イメージ図断面図が見られます。車が通れないとはいえ、かなり立派な橋です。今年の秋くらいから着工し、来年の夏には開通するようです。この図面を見る限り、橋脚、欄干、ワイヤーなどを除くほとんどの部分は木で作られるようですね。コンクリートで作っても木で作っても、費用はほとんど同じか、木の方が若干安く建設できるというのです。
 この橋はシェレフテオにあるMartinsons träbroar(→リンク)という会社が請け負っているようです。この会社は年間に50本以上の木橋を手がけるという、木橋専門会社なのですが、以前に工場内を見学させてもらったことがあります。工場内でかなりの部品を組み立ててしまって、現場では設置が中心というプレハブ化された製品です。その規模にいつもびっくりさせられます。橋が工場の中で組み立てられて、トレーラーで現場に運ばれていくなんて・・・、日本ではなかなか考えられないです。こちらに来てから色々な木橋を見たりして、その度に木の良さを再認識させられるのですけどね。
(↓かなり前に撮った写真ですので、今回の木橋とは別物です)
P1010410P1010396P1010407

|

« バイオガス・バス/Bio-gas bus | トップページ | 挙式/Wedding »

コメント

sunnnaa*に友達が住んでいるのですが、
家に遊びに行くときにいつもあの
Lejonbronを通りました。
あれはスウェで一番古い木橋(なんて読むんですかw)なんですね。
その教会側の倉庫みたいな木の建物には、ロシア軍の銃弾の跡があるんですよね。

シェレフテオって結構有名な会社があるんですねー、あのエレベータの会社とか。

シェレフテを後にした今もシェレフテの新しいことを知ることができて感謝しています。

投稿: へい | 2008年3月12日 (水) 19時49分

木製の橋ですか?
日本ではなかなかお目にかかれないですね。
シロアリ対策なんかはどうなんでしょうか?

橋と言えばスウェーデンストックホルムのガムラスタンに向かう橋は木製ではないですが
歴史を感じさせる橋ですね。

投稿: ドラ吉 | 2008年3月12日 (水) 22時50分

Hejsan!

教会の倉庫の銃弾は知らなかったです。今度見てみよう。

そうですね。工業用エレベーターのAlimakも有名ですね。中国にも進出してるみたいですし。


ドラ吉さん

スウェーデンにはシロアリはいないみたいですね。なので日本で作るとしたらシロアリ対策が必要なんでしょう。

投稿: kinta | 2008年3月13日 (木) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイオガス・バス/Bio-gas bus | トップページ | 挙式/Wedding »