« トラスマッタ/Trasmatta | トップページ | 要介護認定/Care need certification »

グッシェーン/Godkänt!

 グッシェーン(合格!)という響き、スウェーデン語の中で最もありがたい言葉じゃないかと個人的には思っているのですが、その響きをついに聞くことができました。先日、SFI(移民のためのスウェーデン語教育)の卒業試験ともいえるNationell sfi-provを受けたのですが、会話の試験も無事に通過し、合格することができました。これに合格することを1つの目標としていたので、ほっと一息です。とりあえず日本人の意地は見せられましたよ~。最終合格者は13人。筆記試験を通過したのが18人でしたから、筆記を通れば最終合格する確率は高いのですね。合格した生徒の出身国を見ると、半分以上はドイツやイギリス、ポーランドなどのヨーロッパ出身の人たちばかり。しかも彼らは、半年ほどしか学校に行っていないのに合格してしまうとは、ベースが違い過ぎますよね。通常の半分くらいの期間で合格レベルまで達してしまいます。英語も不自由なく使いこなす人たちですから、うらやましい限りです。
 会話試験の内容はというと、2種類の問題が出されました。1つめは、生徒2人であるテーマについて話し合うというもの。2つのテーマが出され、そのうちの1つを選択できるのですが、僕らが選んだのは「日常生活の中でどんなことがストレスの元になっているか」というもの。僕のパートナーだったのはドイツ人男性だったのですが、仕事の時間が不規則だとか、職場環境のことだとか、ありきたりの内容だったのですが、2人の生徒の会話を脇で試験官の先生2人がじっと聞いていました。10分くらい話した後、次は生徒1人と試験官2人での会話のテストでした。設問は、就職面接の想定で、趣味だとか余暇をどのように過ごしているかを聞くというもの。「fritid(自由時間)」というのは、スウェーデン人にとっては非常に重要なテーマなので、授業の中でもこのことについて勉強したことがあります。これも10分くらいだったでしょうか。そんな内容の試験でした。
 合格した生徒は、D-betygという証明をもらえ、職業紹介所に行って就職活動を始めたり、基礎コースと呼ばれるスウェーデン語コースに進んだりするのですが、僕にとっては今のところは使い道がないので、額にでも入れてしまっておこうかなと思ってます。最後に教室を去るときには、顔見知りのクラスメートと別れるのがちょっと寂しかったですね。しかし、彼らにとってはここが本格的なスウェーデン生活のスタート地点でもあるのです。がんばって欲しいなあと願いつつ、Lycka till!!(グッドラック)と声を掛け合って彼らと別れました。
 でも、このSFIという教育課程、スウェーデンの移民政策にとって重要なものなのだろうなあと思います。というのも、この内容は単にスウェーデン語の学習ということだけでなく、社会生活オリエンテーションという意味合いが強いのです。病院や保育所、職業紹介所の職員の人が来て、それらの施設の利用方法を教えてくれたり、教科書にも行政の仕組みとかスウェーデン的価値観のようなエッセンスが散りばめられていて、この国で生活していく術が自然と身に付くようになっているのです。移民達にこれを無料で提供して、早く社会の労働力になるように教育していくというのもスウェーデン流なのでしょうかね。
P1050070

|

« トラスマッタ/Trasmatta | トップページ | 要介護認定/Care need certification »

コメント

合格おめでとうございます。さすがKintaさんですね。
残りわずかとなりましたが、最後まで頑張ってください。

あっ、帰国したら「D-betyg証明」を見せてくださいね (笑)

投稿: あちゃ | 2008年3月 5日 (水) 13時20分

合格されたんですねsign01 おめでとうございますkissmark
さすがkintaさんですhappy01 
これで日本人の評価がUPしたはずですgood

それにしてもこの教育課程は移民達にとって、とてもありがたいシステムですねup

投稿: まこっちゃん | 2008年3月 5日 (水) 15時41分

本当におめでとうございます。
日本でスウェーデン語教室が開けますね!
語学上達の基本は多く聞いて多く話す事ですよね。私も以前はそれなりに中国語話せましたが・・・今はNHKの中国語会話で時々接してるくらいです。日本でもどこかでスウェーデン語生かしてください。

投稿: ドラ吉 | 2008年3月 5日 (水) 23時27分

祝 合格!

おめでとうございます よかったですね♪

私の個人的なことなんですが 最初から就職は困難(ほぼ不可能でしょうね)であることは容易に想像出来るので 情け無いですが この国の恩恵にあやかり 暫くはノンビリと自分の歩みで 学校系のことはそれなりに進めていこうかなぁと 最近になって思いました

無駄な抵抗は もうやめました♪

アジア人は たとえ試験に合格しても 就職は殆ど可能性がゼロなのが現実ですもんねぇ

本名を抹消して ヨ−ロッパ名に変え やっとの思いで面接まで辿りつけても 顔を見た途端にアジア人であることがわかれば スグ断られたりとか 最初の話とは違う かなりの悪条件の事業所での労働が事実ですし…

それでも 仕事にありつければイイ方なので 我慢して苛酷な条件で稼いでる中東からの移民の人も多数いますよね

手当目的で ワザと試験に何度も落ちる移民も多いでしょう?(近く 改正されるそうですが)

私は混血なので ヨ−ロッパ名も最初からあるので改名の必要は無いんですが 知人の移民の人達は既に改名しちゃいました   

でも 移住して数年経ってても やっぱり面接の段階で終わってしまうんですって
なんか 虚しいけど これ事実なので自分にも有り得るんだろうなぁって覚悟はしています 

今 我が家では『そこまでして無理して仕事しなくてもイイから… 』と言う世帯主と 『無職状態が辛いから ビラ配りでも お掃除でも 何でもイイからバイトしたい!!!』と言う私の意見が噛み合わずでして…

なんだか今月末から始まる学校に行くのも イマイチ気が重いですよぉ…

この小さな街では 職探しは大変です… 
でも 納税義務が生じて来るので 肩身が狭いです…

無理をしても 空回りするのは目に見えてますもんね…

なので それなりに気負わずにやっていきます

折角の合格の記念すべき日に こんなメッセでごめんなさい 

kintaさんの ご帰国の前に一度はお会い出来たら… と思っております

にゃんこねん

投稿: にゃんこねん | 2008年3月 6日 (木) 00時39分

Congratulations !!!
Its great to be qualified to start working in there. We are proud of you as our club member and believe you will make the best use of your expertise in the social developemnt in your city when you come back soon.
Take care and enjoy the rest of your stay !!! From Africa

投稿: Tom | 2008年3月 6日 (木) 00時57分

おめでとうございます。
僕はSFIにはいってないのですが、Komvuxに行きました。
日本人にとってはやはり会話(リスニングとスピーキング)が鬼門、これからも日常でのスウェーデン語使用を続けてください。

投稿: Q2000 | 2008年3月 6日 (木) 03時29分

Tusen tack!!

Jag är jätte glad att många kompisar har skrivit här. Men jag kan inte prata svenska så bra verkligen. Jag tänker på att försätta lära mig även i Japan. Det är inte lätt, vet jag. Det var ovanligt chansen att jag kom hit. Jag hoppas att den här erfarenhet ska bli nyckeln för att oppna mitt nytt liv.

ぼろが出てしまうので、これくらいしておきます。本当にありがとうございました。


あちゃさん

これ本当にA4ペラの事務的なものなのですよ。卒業証書とはほど遠いです。写真をアップしておきました↑。


まこっちゃんさん

もうすぐですね。準備万端ですか?A West Side Fabricationの創業者を職場の人が知っているっていうので、場所を聞いてますからね。もし、彼がいれば会えるかもしれないですね。でも、シェレフテオにいるかどうかわからないそうなんですよ。


ドラ吉さん

本当にまだ初心者ですよ。なんとか生活に支障をきたさなくなった程度です。早口でまくしたてられるとお手上げ状態です。語学は楽じゃないですよね~。


にゃんこねんさん

入学が決まったようでよかったですね。確かに、市からの生活費援助を受けて学んでいる人たちの中にはそういう人もいるかもしれないですね。でも最近感じるのですけど、言葉だけじゃないですよね、大事なのは。専門的な技術とか知識を持っている人は重宝がられますしね。あと、違う文化のバックグラウンドを持っているのは、ある意味強みかもしれませんよ。スウェーデン人にわからない感覚も僕らにはわかるし。

仕事につながるかどうかはわかりませんけど、シェレフテオでこの先5~10年で確実に人手不足になるのは介護や医療の現場、技術者だとこっちの人は話してましたけどね。時間はたっぷりあるので、学校に行きながらあせらず考えた方がいいんじゃないかなあって思いますよ~。

SFIの方も変わるみたいですからね。3年とかになるんじゃ?


Hey Tom,

What's up? What's the weather there? It might be hot. When I looked at thermometer this morning, it said -15 degrees...

I heard that you would leave Japan on 6th Jan. I was in the airport on the same day actually. I tried to find you, but I couldn't...

A couple months ago, a delegation from Uganda came to Skelleftea. They visited schools and elderly care facilities. My co-workers were really surprised to hear that a hundred children were packed into one classroom in Uganda. Is that true? Here in Sweden, people seem to think even 30 pupils are too many. I’m feeling cultural gap still now.

Don't be beat by heat and take care. Hope to see you again in Japan.


Q2000さん

まったく同感です。どうやったら忘れられずにいられるんだろうかと思ってます。やっぱり会話する機会がないと、すぐ錆付いてしまいそうですよねぇ。

ヨーテボリに住んでいたというクラスメートが、やっぱり大都市のVUXの方が質がいいなあと漏らしてましてたけど、ストックホルムのVUXは活気がありますか?

投稿: kinta | 2008年3月 6日 (木) 07時05分

おめでとうございます!

僕はそういう試験のこととかを全く知らないおとぼけなんですが、
そうやって積極的に試験など受けられている姿に、わしは何をしていたんだと、思わされずにはいられません(笑。
もし次にスウェいくようなことがあったら、そのようなことにも目を向けて見たいなと思います。

日本でもスウェーデン人、スウェかぶれは増えています。
ミクシィですが、スウェーデン語を喋ろうというオフ会もありますので是非どうぞ!
こういう機会に僕も救われています。

投稿: へい | 2008年3月 6日 (木) 16時00分

Grattis Kintasan!

それはそうと、かなしい話ですがkintaさんの歓送会をしなくちゃいけません。20日のお彼岸の日とかはどうでしょう。せっかくだからというか、Kintaさんの離Skelleをだしにして、Kintaさんの職場の人や知り合いになったスウェーデン人たちと、シェレフテオ在住のその他の日本人が出会える場にできないでしょうか。Kintaさんがこんなに精力的に築いた様々なシェレフテオ-日本友好交流関係というかスウェーデン社会へのとっかかりを、そのまま忘れさせてしまわず、残された日本人がその恩恵を受けて、できれば引き継ぎ発展させていく可能性を残したいと思うのですが。私からもKintaさんのボスにお願いしてみようと思ったりしています。Vad tycker du?

投稿: Blåttbarn | 2008年3月 6日 (木) 17時41分

Hejsan!

ミクシィのコミュですね。ちょっと検索してみます。もしかして、スウェーデン語のみの日本語禁止オフ会とか?

Hej Blåttbarn-san!

Tyvärr, jag har bokat en plats av resan. Jag planerar åka till baltisk länderna från torsdag kväll.

(業務連絡)
13,14,19日あたりはいかがでしょうか。Blåttbarnさん、越後屋さん、Mさん、にゃんこねんさんも都合が付けばいかがでしょう?13日なら来瑞中のまこっちゃんも特別参加できるかもです。

翌週に職場の送別会があるので、japaner och svenska vännerということでどうでしょうか?そうなら、関係者に声かけてみますけど。ジャーナリストのLさんもそんな企画をしたいと言ってましたし。日本語サークルの人たちにも声かけてみませんか?平日ならアルコールなしでもいいですしね。

Blåttbarnさん、にゃんこねんさん、ブログ書いてみませんか?このままにしとくと情報がどんどん古くなってしまいますし。新しいのを立ち上げてもいいですし、ここをちょっとリニューアルして、ブログにライターとして追加すれば書き込むこともできますし。ずっと厚みも増しますしね。日本からシェレフテオの最新情報を見られたら嬉しいです。

投稿: kinta | 2008年3月 7日 (金) 03時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トラスマッタ/Trasmatta | トップページ | 要介護認定/Care need certification »