« ターニングポイント(1)/Turning point vol.1 | トップページ | ターニングポイント(2)/Turning point vol.2 »

皇帝の新しい服/Kejsarens nya kläder

 今日は本当に暖かい春のような一日でした。プラス4~5度くらいあったかもしれません。あれほど暗い時期があったのが嘘のようで、12月ころは9時ころにならないと明るくならなかったのですけど、今では6時半に起きるともう明るかったりします。本当に日が伸びるのが早い。
 ところで、今日の午前中、SFI(移民のためのスウェーデン語教育)のNationellt prov(国家試験)を受けて来たのですが、かなり苦戦しましたね。これはスウェーデンの学校庁が作成する移民向けのスウェーデン語テストで、合格すればD-betygという証明がもらえ晴れてSFIは卒業できるのですが、結果を見てみないと微妙なところです。といっても、今日はリーディング、リスニング、ライティングのテストで、これで合格ラインに達していれば次のスピーキング試験に進めるというものなのです。
 試験内容はというと、いろいろな文章が出題されるのですが、例えば新聞記事、広告、洗濯物の表示、テレビ番組欄、物語・・・などなど。今日の1問目は物語からの出題でした。題名は「Kejsarens nya kläder(皇帝の新しい服)」。とりあえず文章を読んでいると、なんか難しい単語ばっかりだなあと思いました。皇帝が出てきて、新しい服を新調するとかで・・・・と読み進むと、なんだこれは「裸の王様」ではないかと、途中で気付く始末。もっと早くわかっていれば想像もできたのに。この話、ご存知のとおりデンマークのアンデルセン童話。北欧らしいっていえばらしいのですよね。試験が終わった後、恥ずかし気もなくクラスメートに「Naked King(裸の王様)の話じゃなかった?」と尋ねると、「The Emperor's New Clothes(皇帝の新しい服)じゃない?」と一言。バッサリ斬られたって感じです。でも、邦題と原題がなんでこんなに違うの?調べてみると、この題名は日本が例外みたいですね。

Kejsarens nya kläder(スウェーデン語=皇帝の新しい服)
Kejserens nye klæder(デンマーク語・原題=皇帝の新しい服)
Keiserens nye klær(ノルウェー語=皇帝の新しい服)
Des Kaisers neue Kleider(ドイツ語=皇帝の新しい服)
The Emperor's New Clothes(英語=皇帝の新しい服)
國王的新衣(中国語=国王の新しい服?)

 どれも似たような意味ですよね。しかもこれを見ると、北欧語やドイツ語の単語はよく似てますよね。そして、どれも「~の新しい服」という表現です。さらに、ウィキペディアを見てみると面白い記述が(→リンク)。邦訳で原題どおりの「皇帝」にしなかったのは「皇帝」が「天皇」を連想させてしまうからだと考えられているそうなのです。ん~意外に奥が深い話でした。
 裸の王様は別として、SFIの卒業試験に関心のある方は、ココ(→リンク)で過去問が見られますのでご覧ください。文法の問題こそありませんが、形式はTOEICにちょっと似た感じの実用的な問題ですね。TOEICと違ってライティング問題があり、これはかなり辛いですが。

|

« ターニングポイント(1)/Turning point vol.1 | トップページ | ターニングポイント(2)/Turning point vol.2 »

コメント

シェレフテオは日の出が早くなってきてますね。もう九州と一緒くらいですよ。

裸の王様と皇帝の新しい服の話......奥が深いですね。覚えておきます。
でも海外で皇帝の新しい服という言葉を発する事は一生無い気がします(笑)

kintaさん、次のスピーキング試験へと進めますように!
それにしても約1年でこれほどマスターされるなんてスゴイです。僕も頑張って勉強すれば少しは出来るようになるのだろうか??

投稿: まこっちゃん | 2008年2月26日 (火) 10時42分

やっぱり「裸の王様」の方が僕らにはピンと来ますよね。

今日の夕方、結果がわかるのですけど、どうなることやら。典型的日本人なのでリーディングの方が得意なのですけど、スピーキングはちと苦手です。やっぱりそっちの方が問題なのですよ。

まこっちゃん、本気でスウェーデン語を習う気でしたら、下のリンクは結構使えますよ。易しく書いてある新聞記事やオンラインのス語辞書、文法問題・・などなど。やっぱり続けられるかどうかが一番の課題かな~。僕も帰国したらすぐ忘れるだろうなぁ。ま、試しに見てみてください。
http://www.kreativpedagogik.se/

投稿: kinta | 2008年2月26日 (火) 14時56分

映画の邦題と原題もずいぶんと違いますよね。例えては思い浮かびませんが・・・・
かなり違っていて旅先で他国の旅行者と映画の話で盛り上がりましたが誰かの映画で邦題と原題の違いにあーなるほどと思った事があります。
そういえば全然違いますがイギリス人にロッドスチューアートがスバルレガシィのCMに出てると話したら大変驚いてましたね。
日本のCMってその人の国ではまずCMなんかに出ない人が普通に出ている感じがします。

投稿: ドラ吉 | 2008年2月27日 (水) 00時09分

ドラ吉さま

邦題を直訳して伝えようとすると、かみ合わないことがあるのかもしれませんね。題名くらいはあまり変えて欲しくないですね。

なるほど~。外国のビックネームには日本人も弱いですからね。カタコトの日本語で商品名を言うだけでも、お~と思っちゃいますもんね。

投稿: kinta | 2008年2月27日 (水) 07時01分

あ、そうでした。

今日、ペーパーの試験結果を見に行ったら、幸運にもスピーキング試験に進めることになりました。100人以上受けたのですが、18人しか通過していませんでした。シェレフテオの日本人で今回の試験を受けたのは僕1人だけだったので、なんとか日本人の意地は見せられたかな~と思ってます。まぁ、次が僕にとっては難関ですが・・・。

それにしてもヨーロッパ勢強しの結果でした。

投稿: kinta | 2008年2月27日 (水) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ターニングポイント(1)/Turning point vol.1 | トップページ | ターニングポイント(2)/Turning point vol.2 »