« 青空/Blue sky | トップページ | シェレフテオの歩き方(1) »

改正建築基準法/Revised building standard law

 以前に日本の改正建築基準法がスウェーデンにも影響している話を書き込みました(→リンク)。その際にも、12月になれば状況も改善されるのではないかと、スウェーデンの木材関係の方が話していました。その後も11月ころだったでしょうか、地元紙にも日本の改正建築基準法の影響で出荷がストップしていて、製材会社でも生産調整のために一部ラインを止めたり、工場を閉めているというような報道がありました(→リンク)。日本市場が最大の貿易相手先だけに、シェレフテオの木材産業にもかなりの影響が出ているのです。
 先日、一時帰国した際に、秩父の製材会社の方と話す機会がありました。国内の住宅の着工件数は過去最低水準まで落ち込んでいて、もちろん木造建物の着工件数もオイルショックやバブル崩壊後の水準に落ち込んでいると話しておられました。輸入木材をストックしておく倉庫も、出荷ができずに一杯になってしまっていて、逆ざやで損を覚悟で安く売っているような話も聞きました。なので、ここスウェーデンに限らず、木材を日本に輸出している諸外国にも同様の影響が出ているのでしょう。また、このように一度落ち込むと急激なV字回復というのも難しく、数年かかって地固めをしてから回復していくのだと、過去の経験からそう語っておられました。国土交通省でも相談窓口を設けたり、構造計算プログラムを開発し試行が始まるようですが、従来のように戻るのにはまだ時間がかかるのでしょう。
 ん~、早く正常に戻ってくれることを願うしかないですね。

|

« 青空/Blue sky | トップページ | シェレフテオの歩き方(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青空/Blue sky | トップページ | シェレフテオの歩き方(1) »