« ナルヴィクへ/To Narvik | トップページ | 一時帰国/Temporary stay in Japan »

年越し/New Year

 ナルヴィク駅に到着すると、日本人の旅行者の方と出会いました。一人でオスロからスカンレイルパスで旅をされているようです。そういえば以前に来たときも、駅の近くで日本人の方に会ったのですよね。ここって日本人に人気なのかなあ。
 駅から歩いてホテルに着くと、大晦日なのに(だから?)閑散とした感じです。お店も大晦日で休業していたり、早く閉店してしまう店が多いようです。夕飯を食べる店を見つけるのさえ、一苦労でした。実は、電車やバスも運休する便があり、ホテルも休業のところが多く、大晦日は旅行にはあまりいい時期ではなさそうですね。年末年始に旅行される方、交通機関の運休にはご注意を。何組かの家族が、バスの運休を知って大慌てでした。夕飯を済ませると、外ではあちこちで花火が上がっていました。大晦日の晩には、ヨーロッパでは花火を上げて新年を祝うようです。そういえば、僕も海外で新年を迎えるのなんて初めての経験です。
 空は晴れていてオーロラでも見えたらいいなあと、ホテル6階の部屋の窓から何度か見ていました。街の明かりが少し明るいのですが、ホテルの人の話によると街中でも十分見えるとの情報を得ていたので、期待して待つことに。すると、夜9時頃、北の空を見上げるとなんとオーロラが・・・。急いで外に出てみると、頭上に2、3本オーロラの帯が見え、見る見るうちに形と色を変えながら動いています。ときにはかなりの明るい光を放ち、カーテンの下の部分がゆらゆらと激しく動きます。3度目のオーロラでしたが、これまでは最高のものでした。下には花火が上がっていて、オーロラと花火の不思議なコンビネーションでした。ホテルに戻っても、まだ見えており2時間くらいは見えていたでしょうか。キルナで見えなかった分、ここで見られてラッキーでした。でも写真に撮るのは難しいですね、何枚も撮ってみましたが、なかなか肉眼で見るようには写らないですね。
 そして、23時半くらいからは新年を迎える花火の嵐が。何しろ大量の花火です。1つずつの規模は大きくないですが、街のあちこちで花火が上がってお祭り騒ぎです。ヨーロッパの新年を迎える雰囲気が何となくわかりました。
P1030973P1030998

|

« ナルヴィクへ/To Narvik | トップページ | 一時帰国/Temporary stay in Japan »

コメント

Kintaさん 明けましておめでとうございます。
精力的な書き込み、頭が下がります。
見事なオーロラですね。早速壁紙に貼らせてもらいました。ISOはどのくらいで撮ったのでしょうか?
厳寒の時季を迎え、身体にはくれぐれもお気を付けくださいね。

投稿: あちゃ | 2008年1月 4日 (金) 17時33分

旅行記楽しまさせていただきました。

私も夏にキルナ~アビスコ~ナルビックと行き、そこからバスでトロムソ、アルタまで北上いたしました。あのとき見たきれいな景色は忘れられません。

アビスコもお勧めですよ。自然がとてもきれいな場所で、すごくよかったです。

投稿: あいみ | 2008年1月 5日 (土) 13時13分

あちゃさま

コメントありがとうございます。

オーロラ、あまり上手に撮れなくて恐縮です。僕のカメラはへなちょこなコンパクトデジカメなので、ISOも80~400の間で自動で調整されてしまいます。おそらく400になっているのでしょう。夜景モードで撮ったので5秒くらい露光したとおもいます。三脚なしですので辛いです。本に載っているようなオーロラを撮るにはちゃんとした装備も必要ですね。
数日中に一時帰国しますので、秩父でまたお世話になります。


あいみさま

スウェーデンの景色とノルウェー側のダイナミックな景色は対照的ですよね。僕はナルビック以北は未攻略です。夏の間にノールカップまで行っておけばよかったなあと思っています。

ところで、数年前に出版されたシェレフテオの本に日本人らしき研究者の方が写っているのですが、あいみさんでしょうか?

ではまた。

投稿: kinta | 2008年1月 6日 (日) 02時34分

ナルビック以北は確かにスウェーデンと対照的で、フィヨルドが美しかったです。オーロラ目的でなければ、是非夏に訪れてみてください。

本に関しては、分らないです。M田さんに見てもらうと分ると思います。

オーロラ撮影のために、是非一眼レフ(デジタルでなく手動の、電池が低温のためにすぐ切れるため)、三脚、レリーズケーブルは是非持参することをお勧めします。オーロラを写真に収めるチャンスなんてそうそうないでしょうから。

投稿: あいみ | 2008年1月 7日 (月) 17時42分

あいみさま

そうですね。オーロラ撮影は機材を準備していかないと難しいですね。実際に写してみて、難しいのがわかりました。

本の件、あとでM田さんに聞いてみますね。

ではまた。

投稿: kinta | 2008年1月 9日 (水) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナルヴィクへ/To Narvik | トップページ | 一時帰国/Temporary stay in Japan »