« エネルギー政策/Energy policy | トップページ | 犬ぞり/Dog sled »

シェレフテオ・アイコー/Skellefteå AIK

 スウェーデンで最も人気のスポーツといえばアイスホッケーです。スポーツ用品の店に行っても、広いスペースを割いてアイスホッケー用品や様々なグッズが売られています。シェレフテオにもシェレフテオAIK(アイコー)という地元のクラブチームがあり、現在は1部リーグで活躍しています(→リンク)。といっても、今シーズンは故障者続出で、12チーム中8位と低迷しているため、地元の人たちも危機感を感じているようです。
 昨晩、リニューアルしたホッケースタジアム(Skellefteå Kraft Arena)でホームゲームがあったので、初めて試合を観戦してきました。当然地元チームの応援なので、AIKの黄色と黒のエンブレムがプリントされたTシャツを身にまとい、いざスタジアムへ。相手チームはModoという昨シーズンのチャンピオンチームなのだとか。早めにスタジアムに到着しましたが、駐車場はかなりの混雑でした。19時の試合開始近くになると、観客席はほぼ満員状態。入場者は6,500人と発表されていました。特にゴール後ろのAIKの応援席の盛り上がりはかなりのもので、立見席は早い時間帯からいっぱいになっていました。雰囲気的には、日本のプロ野球の外野の応援団席といった感じで、ゲーム中は立ちっぱなし、途中の休憩時間には座って休んでいます。僕らの席は、リンク前の最前列で、ライブでしか味わえない選手同士のぶつかる音や、氷を滑る音などが間近に聞こえます。
 ホームゲームだけあって、試合はAIKのペースで進んでいきました。途中まで2対0とリードを広げていましたが、同点に追いつかれてしまいました。そして終盤の第3ピリオドにAIKの選手が勝ち越しのゴールを決めると、どよめきのような歓声が上がり、スタジアムの盛り上がりは最高潮に。ゲームはそのままAIKが逃げ切り、勝利を飾りました。最初はルールもよく知らないので退屈するのじゃないかと心配していたのですが、全くそんな心配はなく、エキサイティングな試合を観戦できましたよ。もう一度観戦に行ってみたいなぁ。
P1030548_2P1030566_2P1030553P1030564

---------------------------------------------------
↓↓↓↓動画で臨場感を味わってみてください。↓↓↓↓

|

« エネルギー政策/Energy policy | トップページ | 犬ぞり/Dog sled »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エネルギー政策/Energy policy | トップページ | 犬ぞり/Dog sled »