« 家族観(その2)/Family values vol.2 | トップページ | 初雪/Snow comes! »

世界最大のムース/The Worlds Largest Moose

 秩父市で検討している「日本一の階段」と「日本一の滑り台」を三峰山に作る構想。それと似たようなプロジェクトがシェレフテオでも進行しています。その名も、「世界最大のムース」建設プロジェクトです。以前に紹介した野生キャンプ(→リンク)を経営する会社の社長は、その独創的なキャラクターで地元では有名な方なのですが、彼の提案によりシェレフテオと隣町の境界にあるVithattenという標高511メートルの山頂(→地図)に、世界最大のムースの像を木造で建設しようというのです。この計画を初めて耳にしたのはかなり前なのですが、それを聞いたときは何とユニークでクレイジーな計画なんだろうと思いました。しかし、このプロジェクトは、シェレフテオ市やアルビッツヤール市という隣の自治体、地元の大きな製材会社などを巻き込んで着々と進行しています。
 既にこのプロジェクトのためにStorälgen AB(巨大ムース株式会社)という会社を設立し、スポンサーを募って資金を調達を始めているようです。この会社のホームページを見ると、高さ45m、長さ47mという大きさに驚かされます(→完成予想図)。しかも、このムース像はただの像ではありません。その脇には松の木の形をしたエレベーター塔が建設され(→写真)、ムース像の中にはレストランや展望台、会議施設も設けられるというクレイジーぶり。はるかに想像を超えています。これはシェレフテオの観光の目玉としても期待されていて、年間3万人以上の集客が見込まれています。このバーチャルリアリティの動画をご覧いただいて、このプロジェクトのユニークさを是非味わってください。

☆動画(→低速回線用
☆動画(→高速回線用

 実は今日、僕の職場にあるスウェーデン人の方が訪ねてきました。よく話を聞いてみると、彼はCM製作会社の方のようで、今度このプロジェクトのローカルテレビCMを製作するというのです。そのCMで外国人投資家の役を演じてもらえないかという申し入れでした。CMの中では日本語でこのプロジェクトのことを話してくれというのです。僕自身、演技は得意ではないですが、シェレフテオの役に少しでも立てるならと快諾した次第です。でも、どうなんだろうこのCM?どんな奇妙なCMに仕上がるのか乞うご期待!

|

« 家族観(その2)/Family values vol.2 | トップページ | 初雪/Snow comes! »

コメント

こういうの大好きです!!かなり行ってみたいのですが、来年3月までにはとうてい完成しそうもないですね.....
CM頑張って下さい!!

投稿: まこっちゃん | 2007年11月 2日 (金) 13時07分

まこっちゃんさま

完成は何年か先になりそうですね。完成した暁には一度見てみたいものです。それにしても、この像を木造で作ろうというアイデアはすごいというかクレイジーというか、驚いちゃいますよね。日本じゃあり得ないなあと思っちゃいます。

たぶん、中のレストランで出されるのは、ムース肉やトナカイ肉のステーキに違いありません。そういう意味では一貫したテーマ性があるのかも。世界で唯一のムースのテーマパークですな、こりゃ。

投稿: kinta | 2007年11月 2日 (金) 14時31分

kintaさん、はじめまして。

9月の上旬にこちらのサイトを偶然発見してから、毎日のように覗き見(?)をしていました『にゃんこねん』と申します。
お話の内容が私には凄く身近に感じられて、とても楽しいです。

と言うのは、私のBFがシェレフテオ在住なんですよ。(出身地は、もう少し南の田舎町ですが)
だから彼の話に出て来た事や場所などが書かれていたりするので『あー、本当だー!』なんて思って一人で笑っています。

巨大ムースの会社の社長、とても面白い人だそうですね。今年の夏には『ムースバーガー』を街の中心部で販売したそうですが、kintaさんはお試しになったのかしら?
そのムースおじさん、沢山の種類の方言で話す方とかで、BFや彼の会社の人達は全然判らなかったそうです。なんだかちょっと聞いてみたい気もします。

ええっと・・・。
『マヤ・H』のライブは、今年の夏のトレストロックでBFも見たと言っていました。BFいわく『ポップス系が好きな人達には、結構ウケが良かったんじゃないかなあ?』との事です。
私もBFもポップス系には詳しくないので、ちゃんとしたコメントが出来なくてごめんなさいね。

私も近いうちに、シェレフテオの数少ない日本人の内の一人になります。わからない事や不安が結構あるので、もし良かったら色々と教えて頂けると嬉しいです。
どうぞ、これからも宜しくお願い致します。

にゃんこねん

投稿: にゃんこねん | 2007年11月 3日 (土) 17時41分

にゃんこねんさま

コメントありがとうございます。
シェレフテオの方がBFで、近いうち引っ越してこられるとは、正直びっくりしました。にゃんこねんさんは、記念すべき5人目のシェレフテオ在住の日本人です(私の知る限りでは・・)。

例の社長の話、みんなそういってますよ。何言ってるのか全然わからないって・・。かなりの方言みたいですね。ムースバーガーというのは初耳です。こんど探してみよう。

このブログを書き始めたのも、僕自身、シェレフテオに来る前に情報が少なくて色々と不安だったので、準備段階から少し書き始めてみたのです。同じような不安がある方に少しでも役に立つとしたら、この上なく嬉しいです。初めは、日本人もあまりいないような土地で一人で生活していけるのだろうかと不安に思ったのですが、それほど心配しなくて大丈夫です。心強い方も近くにいるわけだし、シェレフテオの人は親切な人ばかりですよ。言葉もいざとなれば英語で何とかなりますから。

引き続き北部スウェーデンのローカルな話を中心に書いていきますので、こちらこそよろしくお願いします。

投稿: kinta | 2007年11月 3日 (土) 20時06分

昨日、例のユニークな社長とお会いする機会がありました。彼が言うには、僕は学校もろくに行っていなくて、ずっと森の中で生活していたから英語も話せないんだよと、英語で言っていました。ユニークな発想は、森の中での生活から来ているのかも・・・。話をしてみて、見た目のワイルドさとは裏腹に、謙虚で信頼できる人だなあという印象を受けました。

「ブログでムースのことを書いておきましたからね」と彼に言うと、「ありがとう、日本からいっぱいお客さん連れて来てね」と言われてしまいました。他の観光スポットと組み合わせて、ツアーに組み込む計画もあるようです。来春から基礎工事に入るそうで、完成すればシェレフテオの市街からもムースの姿を拝むことができるそうです。

投稿: kinta | 2007年11月17日 (土) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家族観(その2)/Family values vol.2 | トップページ | 初雪/Snow comes! »