« 勤労観/Labor values | トップページ | 児童公園/Children's park »

スウェーデン音楽/Swedish music

 スウェーデンという国は人口が約900万人と国内のマーケットが小さいので、産業は外国のマーケットへ進出することを常に想定している感じを受けます。音楽産業においても例外ではなく、スウェーデンはアメリカ、イギリスに次ぐ、世界第3位の音楽輸出国で「音楽工場」とも呼ばれているらしいです。それに比べると、日本の音楽市場はアメリカに続く第2の規模だそうですが、日本人アーティストでアジア以外の外国で成功する例は少ないですよね。国内とアジアのマーケットで十分商売になるので、あえて厳しい欧米にまで出て行かないのでしょうか。
 スウェーデン人アーティストで一番有名なところでは、スウェーデンのビートルズと言われるABBA(アバ)でしょう。その後も、Ace of base(エース・オブ・ベース)、Roxette(ロクセット)、The Cardigans(カーディガンズ)などは世界的なヒットで有名です。近年では、Maja(メイヤ)も有名です。日本つながりでは、スウェーデン人と日本人のハーフのMaia Hirasawaという歌手がスウェーデンでデビューしているようです。
 また、音楽での日本とのつながりも強くなっているようです。あのジャニーズ事務所はスウェーデンの音楽出版会社RSIに出資していて、この会社から楽曲提供を受けているのだとか。KinKi KidsやNEWSなどの曲には、この会社から楽曲提供を受けて日本で歌詞を付けた曲があるそうです。また、NEWSのメンバー2人がユニットを組んだ「テゴマス」は、スウェーデンで「ミソスープ」を発売して、スウェーデン音楽チャートにもランクインしたことがあるようです。ほかにも、原田知代、パフィー、BONNIE PINK、カジヒデキなどがスウェーデン人プロデューサーの下でCD製作をしたことがあるそうです。なぜスウェーデンなのかと理由ですが、優れた人材がいるという理由以外にも、レコーディングなどの音楽製作経費が日本よりも2、3割安いのでコスト的にも有利なのだとか。
 ちなみに、シェレフテオの高校では音楽専門のコースもあるそうで、音楽が盛んなのかアマチュアの市民オーケストラもあるそうですよ。秩父市でも早く市民オーケストラができるといいですね。
 それでは、個人的な好みで選曲したスウェーデンアーティストの曲をYou Tubeで聴いてみましょう。
---------------------------------------------------------------------
☆ ABBA  代表曲といえば、やはりDancing Queenでしょうか。(→You Tube
☆ Roxette  好きだったのは、ナナナナナーのコレですね。(→You Tube
☆ Ace of base といえばこの曲ははずせないです。(→You Tube
☆ The Cardigans よく聞いたのはこれですね。(→You Tube
☆ Meja メイヤというとこれでしょうかね。(→You Tube
☆ Maia Hirasawa あまりよく知らないのですが・・・ありました。(→You Tube
☆ おまけに、ミソスープもいってみましょう。(→You Tube

|

« 勤労観/Labor values | トップページ | 児童公園/Children's park »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勤労観/Labor values | トップページ | 児童公園/Children's park »