« リコリス菓子/Licorice candy | トップページ | 選挙/Campaign »

フック/Hook

 スウェーデンのキッチンやバスルームでは、色々な小物を収納したりする際に「掛ける」という方法が多くに用いられています。先日も書き込んだ玄関にあるフック、これは外から帰った際にコートやカッパを掛ける際に使うものです。他には、キッチンではどう使われているかというと、システムキッチンの壁面には台所用品を掛けるフックをよく見かけます。このフックには、例えば缶切り、栓抜き、皿洗い用タワシ、計量スプーンなど頻繁に使う小物を掛けておきます。バスルームでは主にバスタオルやフェイスタオルなどを掛けるフックを見かけます。
 このフックを有効に活用できるように、衣類や繊維製品、小物類にもその工夫がされています。上着の襟の部分には必ずループ状になったものがついていますし、タオル類にもどちらかの末端には必ずフックに掛けられるループ、台所用品も必ずフックに掛けられように取っ手の端に穴が開いています。家には日本から持参したタオルがあるのですが、日本製(中国製?)のタオル類には掛けられるようなループ状のものがあることが少ないので、スウェーデンで使うには使い勝手がよくないのです。やっぱりこのような細かい作りも、生活文化を象徴しているのだなあと感じますね。
 この「掛ける」という文化、慣れてくると意外に便利です。ズルズルと落ちてくることもありませんし、使い終わったらひょっと掛けておけますし、また意外と省スペースで合理的だったりします。日本に帰っても掛けるという文化を活用してみようかなあなんて思っています。
P1020972P1020973P1020969

|

« リコリス菓子/Licorice candy | トップページ | 選挙/Campaign »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リコリス菓子/Licorice candy | トップページ | 選挙/Campaign »