« 美容院/Hair salon | トップページ | フック/Hook »

リコリス菓子/Licorice candy

 日本に一時帰国したときにも、お土産に持って帰った謎の黒いグミのような菓子。Godis(ゴッディス)と呼ばれる駄菓子の話は以前にも書き込んだのですが(→リンク)、この類の独特な味の菓子は量り売りのゴッディスに限らず、色々な製品が店頭に並んでいます。前々から一体これは何なのだろうと不思議に思っていました。スウェーデン人はこの物体を皆といってよいほど好きなんですよ。しかし、日本人でこれを上手いと感じる人には、未だかつて僕は出会ったことがありません。しかも、スウェーデン人の中には、これは身体に良いのだと言う人さえいます。
 色々調べてみると、これらの黒っぽい菓子は、Licorice(リコリス)と呼ばれる原料を使って作られていてリコリス菓子と呼ばれているらしいです(→ウィキペディア)。では、リコリスとは一体これは何なのだろうとさらに調査を進めると、甘草(カンゾウ)という植物のようです(→ウィキペディア)。ウィキペディアに書かれているように、甘草は漢方の薬草の一つだそうで、甘草湯としても知られる漢方薬の原料なのでそうです。喉の痛みや咳に効果があるそうで、確かに身体に良い成分なのですね。彼らが言うのは間違いではなかった。
 なぜスウェーデン人はこの独特な味が好きなのかと本当に不思議でならないのですが、やはり子どもの頃から食べ慣れているからなのでしょう。食べ慣れてくれば、段々美味しく感じられるようになるよと言われるのですが、僕は何度挑戦しても、口の中で最後まで食べ続けられてことがありません。やっぱり、これは異次元の味だあ。でもこの手のお菓子、北欧だけでなく北米でも食べられているらしいですね。味覚って違うんだなあ。
P1020984P1020988

|

« 美容院/Hair salon | トップページ | フック/Hook »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美容院/Hair salon | トップページ | フック/Hook »