« 森林組合(その2)/Forest owner's association vol.2 | トップページ | 北極星/Polaris »

シル/Sill

 以前にピーテパルトをからし醤油で食べたら美味しいだろうと書いたところですが、先日お邪魔したお宅でそのチャンスがありました。予想どおりピーテパルトにからし醤油は合うということがわかりました。スウェーデン人にも試してもらったところ、「意外に悪くないね」といった感じの反応でしたので、そう感じたのは僕だけではなかったはず。日本人の方にも評判は悪くなかったです。ごちそうさまでした。
 調子に乗ってスウェーデン食材を醤油で食べてみようシリーズの第2弾です。シュールストロミングと同様に北欧で伝統的な保存食として食べれている食材の一つに「シル(sill)」というのがあります。これはニシンを甘い酢で漬けたものなんですが、スウェーデンのホテルでは大体どこでも朝食ビッフェにも並んでいるごく一般的な食材です。そのまま食べたり、他の食材と一緒にパンに乗せてサンドイッチ(スウェーデン語でスモルゴスといいます)で食べたり、料理に使ったりと色々な食べ方があります。シルは瓶詰めでスーパーマーケットに並んでいるのですが、プレーンなものからマスタードが入っているもの、トマトや玉ねぎが入っているもの、ワインやスパイスが入っているものなど種類が豊富で、値段もお手ごろで1瓶250円~300円位から買えます(→リンク)。僕は嫌いではないのですけど、味の方は好き嫌いが分かれるところですね。少し甘めなので、そのままでは大量には食べられないです。
 今回はディルというハーブが入ったものを買ってきてみました。そのままで食べても美味しいのですが、日本風にわさび醤油で食べてみようと実験してみました。シルだけでは寂しいので、わさび醤油に合いそうなものと一緒に食べてみようと食材を探したところ、日本から持ってきた乾燥ワカメと、キャビアとして売っている(魚の卵系はすべてキャビアと書かれて売っているのです)瓶詰めのイクラを彩りに添えてみました。ワカメを水でもどし、シルとイクラを瓶から出して皿に盛るだけです。これに、大胆にもキッコーマン醤油とハウスのチューブわさびをかけてみました。さて、試食の結果は・・・。意外にいけますよ。そうですね、食感はそうでもないのですが、わさび醤油と酢のコンビネーションが「しめ鯖」を食べてるような感じですね。ワカメと酢は合いますし、意外に悪くないかも。
 興味のある方は、シルの瓶詰めは日本のIKEAでも買えますので、買ってきて試してはいかがでしょうか。
P1020855P1020869P1020857

|

« 森林組合(その2)/Forest owner's association vol.2 | トップページ | 北極星/Polaris »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森林組合(その2)/Forest owner's association vol.2 | トップページ | 北極星/Polaris »