« ライブカメラ/Live camera | トップページ | ボンバルディア/Bombardier »

地産地消/Local production for local consumption

 今日のフィーカのときの会話。(S=ス、J=日)

S1:「最近、地元産品を売る店が減ってきちゃったね。」
S2:「大きなスーパーマーケットとの競争が厳しいからね。」
S1:「EUに入ってから、ジャガイモなんかもとんでもない国から来てるしね。」
S2:「学校給食の材料もそうみたいよ。地元産のものはあまり使われてないみたい。」
S1:「ところで、日本はどうなの?」

 おっと、そうきたか。コーヒーをすすろうとしたところに、いきなりの振りだ。

J :「日本も大きなスーパーが多いよ。でも、野菜なんかで地元産品コーナーも増えてるよ。○○さんちのきゅうり・・みたいなね。」
S2:「どうやって仕入れてくるの?」
J :「農家から直接買い付けてるんじゃないのかな。」
S1:「へぇ」
J :「近くで作ってるのに、遠くの国から輸入するなんてスウェーデンらしくないね。」
S2:「そうなんだよ。」

 いきなりの地産地消の質問に、取り繕いながらしどろもどろに答えるしかないのですが、彼らの会話から判断する限り、スウェーデンがEUに加入してからは関税がなくなったり、モノが自由に動くようになった結果、安い農作物を遠くから輸入するケースが増えているそうなのです。日本と中国の関係と同じようなのでしょう。
 「地産地消」といえば、「ロハス」や「スローフード」と同様に、エコな生活のキーワード。わざわざ遠くから輸送して二酸化炭素を増やすより、地元で採れた野菜の方が環境に優しく、地域振興や食の安全といった意味からも優れているはず。少しくらい値段が高くてもその方が社会にとって良いはずです。EUに入ったことの一つのデメリットの例なのでしょう。その点では、今のスウェーデンより日本の方が方向性としてはいい方向に向かってるのかもしれませんね。

|

« ライブカメラ/Live camera | トップページ | ボンバルディア/Bombardier »

コメント

こんにちは、
東京、板橋区に住まいしている者です。
偶然マツタケのタイトルを見てここにたどり着きました。ニュースのスウェーデン産松茸の映像を見て、盆栽屋のHP.に書き込みしたところ、以前小生宅に来られたウメオにお住まいの日本の方が、松茸を送ってくれました。沢山頂いたのですが、送料が心配になりました(笑)
参考・・・盆栽屋.com 掲示板

投稿: 盆栽だるまです。 | 2007年9月13日 (木) 14時02分

盆栽だるまさん、こんにちは。盆栽屋.comのHPも拝見いたしました。

そうですか。スウェーデン産松茸のキーワードで、このブログを見ていただいた方が予想以上に多くて驚いています。ウメオでも松茸が取れると聞いています。きっと、香りの良い松茸が届いたことと思います。送料も安くはないと思いますが、それだけ気持ちのこもった贈り物なのでしょう。

もしよかったら、スウェーデン産松茸の感想もお聞かせくださいね。

投稿: kinta | 2007年9月14日 (金) 04時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライブカメラ/Live camera | トップページ | ボンバルディア/Bombardier »