« 高齢者介護(その1)/Elderly care vol.1 | トップページ | ブルーベリー/Blueberry »

高齢者介護(その2)/Elderly care vol.2

 前にも書いたのですが、スウェーデンの介護観というのは日本のそれとは少し異なります。子供は高校を卒業すると親元を離れ独立した生活を送りますので、高齢者だけの世帯となります。したがって、子供が同居して介護をするというケースはほとんどないようです。そのような背景から、社会が24時間体制の介護サービスを用意し、高齢者が自宅で安心して暮らせるように高水準の制度を整えてきて、そのための財源は高負担の税から国民の納得のもとに投入されます。国民は「介護は社会の仕事」というような認識があります。しかし、スウェーデンでも家族や近親者による介護というのも近年、推奨されてきたようです。といっても、日本のように無償、あるいは行政からわずかな報償金が出るというのではなく、家族がホームヘルパーに登録して現金収入として受け取る方法と、直接行政から受け取る方法があるそうです。もちろん、要介護度によって受けられるサービスの上限は決められていますので、それ以上親の面倒を見たとしても現金として受け取ることはできないと思いますが。
 それに比べて、日本ではかつての家族介護から徐々に介護保険制度でのサービスに移行し、介護の社会化が進みつつあります。また、高負担にせずに福祉の水準を上げるために、行政でも民間企業でもない地域社会やNPOなどの役割も重要視されています。そういう意味では、スウェーデンが行政中心から民間サービス、家族介護にも向かいつつあるのに対し、日本は家族介護から民間サービス、地域・NPOも視野に入れた方向に向かっているのでしょうか。良く考えると、出発点は違うにせよお互いに歩み寄っているのかなという感じを受けます。本当に荒っぽい表現の仕方ですが、こんなイメージでしょうか。

主体:--<行政>-----------<民間・地域・NP0>-----------<家族>-------

ス     ○--------------->---->

日                           <---------------------○

 スウェーデンは世界的に見ても高福祉高負担の国ですが、色々な背景があったにせよ、早く本格的な高齢化が始まった国であったということもその理由だったのでしょう。国民負担率という指標を見ると、日本はアメリカよりは良いものの、現状では先進諸国の中では低負担低福祉の部類に入るような気がしますね(→参照)。でも、日本の近い将来は、アメリカなんか目じゃない、スウェーデンよりも高齢化した社会になることは間違いないので、このままで本当に乗り切れるのかなあと心配でなりません。今日は本当にでかい話になってしまいました・・・(笑)。

|

« 高齢者介護(その1)/Elderly care vol.1 | トップページ | ブルーベリー/Blueberry »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高齢者介護(その1)/Elderly care vol.1 | トップページ | ブルーベリー/Blueberry »