« ボンバルディア/Bombardier | トップページ | アリエプローグ(その1)/Arjeplog vol.1 »

クラスメート/Class mate

 私の今のスウェーデン語のクラスメートの国籍はこんな感じです。イラン、イラク、アフガニスタン、ソマリア、エチオピア、コンゴ、モロッコ、コロンビア、中国、タイ、フィリピン、日本・・・など十か国以上です。母国語も、アラビア語、スペイン語、フランス語、ペルシア語、タイ語、タガログ語、日本語、中国語・・・など様々です。英語がわかる人、数ヶ国語を使う人も多いですね。年齢は20代前半から50歳くらいまで幅広く、それぞれの個性や国民性の違いが面白いです。そこで、今日のスウェーデン語クラスの会話から。

先生:「では、この前やったテストを返します。50点満点で平均点は27点でした。採点に疑問があったり、わからないことがあったら言ってくださいね。」

  (生徒はテスト結果を見て悲喜こもごも)

生徒1:「先生、なんでこれ違ってるの?合ってるんじゃないですか?」
先生:「それはね、スウェーデン語では慣用的にこうに表現するんです。」
生徒1:「大して違わないじゃないですか。正解にしてくだいよ。」
先生:「できません。」

すると、また別の生徒が・・・

生徒2:「この前、僕よりスウェーデン語ができない生徒が一つ上のクラスに進級しちゃたんですけど、おかしいじゃないですか。なんで僕は進級できないんですか。」

 こんなやり取りが続きます。このように先生に問い詰めてくるのは、なぜか中東系の人が多いです。やっぱりアラブ流のタフな交渉術なのでしょうか。そんな些細なことどっちでもいいじゃんと感じながら、その会話を冷ややかに聞くアフリカ系、南米系、アジア系の生徒たち。小さなクラスの中でも国民性が出ますね。私のクラスの中を見回したところ、あくまで個人的な印象ですが、こんなイメージを持ちました。

○明るさ
 南米系>アフリカ系>中東系>アジア系
○協調性・寛大さ
 アフリカ系>アジア系>南米系>中東系
○積極性
 中東系>南米系>アフリカ系>アジア系
○真面目さ
 アジア系>アフリカ系>中東系>南米系

|

« ボンバルディア/Bombardier | トップページ | アリエプローグ(その1)/Arjeplog vol.1 »

コメント

はじめまして。スウェーデンにはかねてから興味がありました。とくに私の専門は考古学なので、バイキングとか、いつかお話が聞けるといいです。ところで、お国によって性格が違うのは、私も数少ない海外での発掘調査の経験から実感します。とくに共同作業のときは「国際理解」とか「異文化理解」などと言ってられない場合もしばしば。でも、専門が同じというだけで、言葉や文化の壁を越えた「仲間意識」を感じたりもします。

投稿: ソノーラン | 2007年9月15日 (土) 21時22分

ソノーランさま

はじめまして。ブログをご覧いただきありがとうございます。

バイキングについてはそれほど詳しくないのですが、スウェーデンの人にはバイキングの血が流れているなあと思うことがたびたびあります。というのも、船を持ってる人の割合がすごく多いのですよね。湖や川が豊富なこともその理由なんでしょうが、それを差し引いてもボート所有率が異常に高いなあと思いますね。あとは、国内にとどまらず積極的に外国に市場を見つけて出て行くことでしょうか。農耕民族の日本人とは、違うDNAなのでしょうかね。すみません、くだらない話で・・。

バイキングネタを今度探しておきますので、またお越しください。

投稿: kinta | 2007年9月16日 (日) 01時06分

とても興味深い話ありがとうございます。なんか、スウェーデンに行って是非この目で確かめたい気になってきました。

投稿: ソノーラン | 2007年9月29日 (土) 11時32分

ソノーランさま

日本だとなかなかスウェーデンのことを知る機会が少ないので、ぜひ来て確かめてください。

投稿: kinta | 2007年9月30日 (日) 05時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボンバルディア/Bombardier | トップページ | アリエプローグ(その1)/Arjeplog vol.1 »