« アパート探し/Looking for an apartment | トップページ | 食の祭典/Food festival »

松茸/Matsutake

 スウェーデンの秋は、「きのこ狩り」と「ベリー狩り」の季節です。アパートの前の芝生の地面から、あちこちできのこが生えているのを目にします。森の中では、きのこやベリーが採れ始めているとのことです。また、今年は数年に一度訪れるきのこの当たり年のようで、きのこを食べる機会が増えるかもしれません。
 さて、今日は職場の人から新聞に日本に関連した記事が載ってたよと言われました。早速、少し前のノラ・ベステルボッテン紙を探して、その記事を見つけました。それがこの記事です(→リンク)。見出しが「世界で最も高いきのこ」という内容のもので、記事の内容は、スウェーデンにも日本の松茸と同じ種類のきのこ(Goliatmusseron)があって、日本からきのこのの専門家が松茸を探しにシェレフテオに来たというのです。そして、数日の間に松茸を取って、とても大事そうに紙に包んで日本に持って帰ったという内容のようです。松茸は良質のものでキロ当たり100クローナ(1,800円位)で売られるとのことです。卸値かもしれませんが、松茸がキロ1,800円ってのは安いですよね。スウェーデン人に聞いてみると、松茸はスウェーデンでは一般的に食べられているものではないようで、数年前から日本で貴重なきのこだと知られるようになったとのこと。スウェーデン人にとってはメジャーなきのこではなさそうです。もしかして、これを安く輸入できたら商売になるんじゃないですか。中国産よりも質も良いらしいです。
 ほかにもスーパーで手に入れられるきのこではシイタケがあります。しかも名前もそのまま「シイタケ」となっています。シイタケは鉄鉱石で有名な北極圏にある街、キルナの鉱山の穴の中を利用して栽培されているのだとか。シイタケはこちらでも、それほど貴重なものではないようです。

|

« アパート探し/Looking for an apartment | トップページ | 食の祭典/Food festival »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アパート探し/Looking for an apartment | トップページ | 食の祭典/Food festival »