« アムステルダム/Amsterdam | トップページ | 三角コーナー/Triangle corner »

シェレフテオ帰着/Back to Skelleftea

 アムステルダムからの飛行機に乗り、昨晩、シェレフテオに戻りました。シェレフテオに着いたら強い雨が降っていて、少し暗い夜でした。
 昨日は飛行機が出るまでの短い間に、アムステルダムの市街を見ることができました。一応の目標は「アンネ・フランクの家」(→参照)と「ゴッホのひまわり」を3時間以内に見て回ること。しかしながら、時間切れでアンネの家しか見られませんでした。ゴッホは次のチャンスにお預けです。
 アムステルダムには、アンネ・フランク(→参照)がアウシュビッツのユダヤ人収容所に連行されるまでの2年間、隠れ家に潜み、日記を綴っていた建物があるのです。アンネ・フランクの家に着いたときには、既に観光客が長い行列を作っていました。小雨の中を待つこと30分以上、やっと館内に入ることができました。一家が隠れ家としていた建物は、運河に面した父親が経営する会社の建物の裏手に位置しており、通りからは全く見えません(→Map)。下の写真の建物は、父親の会社の建物です。会社の建物は傷みがひどかったため改修されましたが、隠れ家であった建物は、ほぼ当時のままの姿で保存されています。隠れ家の入り口は、本棚の裏に隠されておりここから出入りしていたそうです。アンネが日記を書いていたという寝室も、狭く薄暗い部屋に2つのベットがあったそうです。木の階段を登って、建物の色々な部屋を見ることができます。また、最後にはアンネが書いた日記のオリジナルが展示してありました。あんなに暗い部屋で2年間も外出しないで暮らしていけたものだと思いました。フィルムや色々なものが展示してあったり、ミュージアムショップも興味深く、中を見て回るのにも意外と時間がかかりました。でも、ここは日本語の解説も充実しているので、並んでも見る価値はありますね。
 アンネの家を出ると、残された時間はもうわずか。東京駅のモデルになったというアムステルダム中央駅から空港行きの電車に飛び乗り、スウェーデンへ向かったのでした。中央駅の外側は改修中らしく、本来の姿が見れず残念。
P1020663_2P1020659_2P1020661_2P1020672

|

« アムステルダム/Amsterdam | トップページ | 三角コーナー/Triangle corner »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アムステルダム/Amsterdam | トップページ | 三角コーナー/Triangle corner »