« ロフォーテン紀行(その1)/Trip to Lofoten #1 | トップページ | ロフォーテン紀行(その3)/Trip to Lofoten #3 »

ロフォーテン紀行(その2)/Trip to Lofoten #2

 シェレフテオからまずはボードーを目指します。ボードーまでは約510キロの道のり。東京~大阪間とほぼ同じ距離です。シェレフテオからボードーまでは95号線という道路を北西に向かって走ります。スウェーデンには有料道路はほとんどなく、この道路も一般道路なのですが、制限速度はほとんどの区間で110キロです。そして、出発してから100キロくらい走ったところで第一トナカイ発見。伐採された森林で1頭がえさを探しているようでした。それからしばらく走ると、トナカイに頻繁に出くわすようになります。車を恐れる気配もなく、道路上をきままに歩くトナカイ。サファリワールド並みです。スウェーデンの人から野生動物には気をつけるよう普段から言われているので、トナカイが見えると最徐行で走ります。彼らの動きは本当に気まぐれで、道路から離れるかと思いきや、またUターンして車に近づいてきたりします。乗っている子供は大喜びなのですが、運転している方はあまりうれしくないのが本当のところです。
P1020112_1P1020530_1

 そして100キロ以上続いたトナカイ出没区間を過ぎると、景色が次第に変わってきて湖だらけの風景に。このラップランドと呼ばれている地域は、本当に湖が多いのです。しかも大きな湖が多く、地図を見ても湖だらけ(→Map)。湖を横目に見ながら車を走らせると、景色は高山のような低木だけの風景に変わってきます。遠くにはまだ雪の残る山々が見えてきました(→Map)。
P1020120P1020138

 休憩をとりながら車を走らせること5時間弱で、ノルウェー国境にやってきました(→Map)。国境にはやはり税関の小さな建物があるだけで、特に白線があるわけではありません。その辺りからは、遠くにU字谷とマッターホルンを小さくしたような格好の良い山が見えてきました。
P1020156

 ノルウェーに入ると、山がちの地形に変わり、長野あたりをドライブしているような懐かしい気になります。しばらく走ると、左側にはフィヨルドの景色が見えてきました。空が曇っていたせいもあり、ここはそれほど素晴らしいという感じは受けませんでしたが、良い天気ならきっときれいなのでしょう(→Map)。ひたすらドライブを続け、約6時間半でついに港町ボードーへ到着。割と近代的な建物が多い小さな町なのですが、やはりこの町も第二次大戦時にドイツ軍に破壊され、古い建物はあまり残っていないようです。潮の香りのする町でした。いよいよ翌朝一番のフェリーでロフォーテンを目指します。

|

« ロフォーテン紀行(その1)/Trip to Lofoten #1 | トップページ | ロフォーテン紀行(その3)/Trip to Lofoten #3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロフォーテン紀行(その1)/Trip to Lofoten #1 | トップページ | ロフォーテン紀行(その3)/Trip to Lofoten #3 »