« 教会島/Kyrkholmen | トップページ | 世界遺産/World heritage »

ブッレ/Kanelbulle

 フィーカという習慣がスウェーデンの生活に深く根ざしていることは何度もご紹介したところですが、今日はそのフィーカのお供としてお馴染みのブッレについて紹介します。1920年代から一般的なったという、スウェーデン語でカネルブッレ(Kanelbulle)と呼ばれているこの菓子パン、英語でいえばシナモンロールです(→参照)。このシナモンの香りは、スウェーデンの喫茶店やコンビニなど至るところで香っており、なぜか記憶に残る香りなのです。コンビニなどでも、コーヒーとブッレのセット販売がされているので、必ずといってよいほど置いてありますね。
 シナモンの風味があまり好きでない方、いらっしゃいますよね。私もそうでした。スウェーデンに来るまでは、あまり好んで食べる気にはなりませんでした。というか甘い菓子パンって私はあまり得意なほうではないのです。しかし、こちらに来てからというもの、フィーカにすっかり体が順応してしまい、濃いコーヒーとブッレのコンビは悪くないなあと感じるようになりました。慣れって、不思議なものですよね。うちの娘もブッレが好きになりつつあります。そしてついに、スーパーでブッレを買うまでに・・・。スウェーデン的生活が定着しつつああります。
 ちなみに、ブッレ以外のコーヒーのお供は、クッキーやパイ、マフィン、チョコレートなどが人気でしょうか。あと、ケーキもスウェーデン独特なのがありますね。それはまた別の機会に。ともかく、この香りがネットで伝えられないのがもどかしいところです。どうしてもご自宅で味わいたい方は、こちらにレシピがありますのでご参考に(→リンク)。
P1010842_1

|

« 教会島/Kyrkholmen | トップページ | 世界遺産/World heritage »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教会島/Kyrkholmen | トップページ | 世界遺産/World heritage »