« 子どもの国/Lilleputtlandet | トップページ | 畳/Tatami »

駄菓子/Godis

 スウェーデンのKIOSK、コンビニ、スーパーマーケットで必ず見かける駄菓子の量り売り。これはスウェーデン語でGodis(→参照)と呼ばれているようです。色とりどりのグミやチョコレート、ガムやキャンディが透明のアクリルケースの中に入って売られています。スウェーデンの子どもや若い女性たちがこれを紙袋にいれて買う姿をよく見かけます。これまでは、いい大人がこれを量り売りで買うのも気恥ずかしかったので、とても試す気にはなれませんでした。しかし、先日子どもが買いたいというので、駄菓子の量り売りにチャレンジ。
 それにしても種類がたくさんあるので、正直迷ってしまいます。面白い形のものも見かけます。たとえば入れ歯型目玉焼き型バネ型などなど。いまひとつお菓子には疎いのですが、値段の方は決して安くない気がします。実際に味わってみましたが・・・、うーん、どうでしょう。当たりはずれが大きいですね。おいしいのもあるのですが、まずいものはとても口に入れていられないほどです。チョコレート系はそれほど失敗は少ないと思いますが、グミのようなやわらかい系のものは、独特の風味があって見た目と味が一致しないようです。特に色が黒いのは失敗の確率が高いです。
 子どもは面白がって買うのですが、これなら日本の「よっちゃんいか」や串に刺さったカステラみたいなヤツの方がずっといいなあと思う今日この頃。そういえば最近、同じような形式ののナッツの量り売りも見かけました。そちらの方が大人向けでしょうか。何はともあれ、スウェーデンにお越しの際にはぜひ駄菓子の量り売りをお試しあれ。
(追記:Karamellkungenという駄菓子製造メーカーのサイトを見つけましたので、興味のある方はご覧ください。その種類の多さに驚きます。左側のカテゴリーごとに駄菓子が分類されています。→リンク

P1000431

|

« 子どもの国/Lilleputtlandet | トップページ | 畳/Tatami »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子どもの国/Lilleputtlandet | トップページ | 畳/Tatami »