« 夏が来た/Summer has come | トップページ | ナショナルデー/National day »

種の雪/Snow of seeds

 今朝もアパートの庭でハリネズミに出くわしました。近づいてよく見るとけっこう可愛らしい動物なのですね。さすがにゆっくりと逃げていきましたが、人間に対する警戒心もあまりなさそうに感じます。今日もシェレフテオの昼の気温は28度くらいまで上昇していましたが、心地よい暑さです。シェレフテオのような地球の北側に位置する街でも、雨の少ない夏中ずっと、このような良い天気が続くそうです。
 ところで、今日は職場から学校に行く途中に見たことのない光景に出会いました。いつものようにシェレフテオ川に架かる橋を渡っていると、川の上流の方から白い雪のような物体が、風に吹かれ横殴りに飛んできます。正体はタンポポや草木の種なのですが、遠くから見るとまるで雪が降っているかように、ものすごい数の種が飛んできます。綿帽子のような種が街路樹の脇の吹き溜まりになった場所に、山のように溜まっていました。それもそのはず、まわりを見渡すとタンポポの群生やら、草木の花が本当に力強く咲いています。長い冬を越して来年も花を咲かせるために、短い夏の間に種を遠くまで飛ばしているのでしょう。寒い国の植物の生命力を感じました。
 やはり、市役所脇の川沿いの土手もタンポポだらけ。空に舞う「種の雪」も写真ではわかりにくいですが、ちょっと見てください。
P1010112P1010101P1010097P1010103

|

« 夏が来た/Summer has come | トップページ | ナショナルデー/National day »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏が来た/Summer has come | トップページ | ナショナルデー/National day »