« 種の雪/Snow of seeds | トップページ | 新聞/Newspapers »

ナショナルデー/National day

 6月6日はナショナルデーというスウェーデンの国民の祝日でした。街中でイペントが行われると聞いたので、シェレフテオの中央広場に出かけてみました。
 6月6日は、1916年から「国旗の日」として市民ベースではお祝いをしていたらしいのですが、正式にこの日が「ナショナルデー」となったのは1983年だそうです。また、国民の祝日になったのは2005年からだそうですので、比較的新しい休日のようです。この日を国民の祝日にするかどうかについては、国会においても数十年間にわたって様々な議論があったそうで、最終的な投票の末に2004年に議決されたとのこと。話し合いを基本とするスウェーデンらしいところです。ちなみに、6月6日である意味は、この日が1523年にグスタフ・ヴァーサ国王が選出された日ということと、1809年にスウェーデン憲法が調印されたのがこの日だったからなのだそうです。
 中央広場にはスウェーデン国旗が掲揚されていて、小さな国旗を持った人々がたくさんいました。警察署長さんなど公職にあると思われる方々がスピーチをしていて、その合間に音楽隊が演奏をしていました。その後、音楽隊を先頭に馬車、合唱隊、犬を連れた人たち、一般の人々が後に続き、長い行列で行進が始まりました。500メートル程離れたNordanåparkenという公園(→地図)まで行進するのだそうです。
 その公園では、古い趣のあるファールンレッドの建物の前で合唱隊が歌を歌い、その後に音楽学校の生徒たちによるミニコンサートが行われました。たくさんの人たちが公園には集まっていて、この歌を聴いていました。それほど大規模ではないですが、ちょっとしたお祭りのような感じです。それにしても、こちらのイベントはとてもほのぼのとしていますね。
 合唱隊の歌をお聞きください。風の音や周りの人の話し声など雑音が多いですが・・・
「P1010165.mp3」をダウンロード

P1010143P1010145P1010164P1010176

|

« 種の雪/Snow of seeds | トップページ | 新聞/Newspapers »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 種の雪/Snow of seeds | トップページ | 新聞/Newspapers »