« バイオエタノール車/Bio-ethanol car | トップページ | 中華料理屋/Chinese restaurant »

住民登録/Resident registration

 スウェーデンでは今、確定申告の締め切り時期です。日本と同じように12月までの収入を申告し、税の還付を受けたり、不足分を払ったりするのだそうです。時期としては日本より少し遅いのですね。税金の制度は複雑なのでまたの機会にするとして、今日は住民登録の話題を少し。
 こちらに到着してまもなく住民登録をしました。この国では住民登録は市町村役場ではなく税務署(Skatteverket)で行います。というのも、いわゆる国民総背番号制を採用しているため、税務署で登録をしてパーソナルナンバーをもらわなければならないのです。住民登録をすると1週間ほどして、住民票の写し(写真参照)が郵送されてきます。その写しを持って郵便局か銀行に行って、IDカードを作らなければならないのです。このパーソナルナンバーは、生年月日6ケタ+任意の番号4ケタの組み合わせで、10ケタの番号です。生活の中でパーソナルナンバー(IDカード)はついて回るようで、身分証明書の機能は当然のこと、税の申告、社会保障制度の利用の際に提示を求められ、健康保険証の役目も果たします。銀行口座の開設にも必要ですから、課税客体の的確な把握(役所用語ですね)にも当然使われるのでしょう。
 高負担高福祉の国ですから、負担のときもサービスを受けるときも、漏れのないように背番号できっちり一元管理されるのでしょう。日本ではプライバシーの問題などで反対意見も少なくないですが、これはこれで悪くないかもしれません。総背番号制の是非はともかく、住基カード普及へのヒントにもなり得ます。
 余談ですが、先日、スーパーマーケットでビールを買おうとしてレジに行ったところ、身分証明を見せてくれと言われ、IDカードはもちろんパスポートさえ持っていなかったので、結局買えませんでした。その話を職場でしたところ大笑いされました。この国では18歳からお酒が飲めるんだよと・・・。
P1000246

|

« バイオエタノール車/Bio-ethanol car | トップページ | 中華料理屋/Chinese restaurant »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイオエタノール車/Bio-ethanol car | トップページ | 中華料理屋/Chinese restaurant »