« スウェーデン的デザイン/Swedish design | トップページ | 治安/Peace »

灯台/Lighthouse

 シェレフテオ市はボスニア湾に面しているのですが、その湾を臨む場所に古い灯台があり、職場の人達と一緒にそこを訪れる機会がありました。その場所は市街地から50キロほど離れたところで、地名をビョーロクラブ(Bjuroklubb)といいます(→Google map)。今日のシェレフテオはどんよりと曇っていて、しかもここは岬という地形なので風が強く、何しろ寒かった。
 ここには1859年に建てられたという古い灯台があり、150年経った今でもきれいに保存されています。ここは当初は灯台として建てられましたが、その後GPS等の航海技術が発達して一度は廃止され、ロシアの軍事通信を傍受して暗号解読をするなどスウェーデン軍の施設として使われていました。その後この軍事目的としての利用の必要なくなったため、地元の人々のボランティアによってメンテナンスがされ、この海に面した立地と歴史的資産を生かした観光目的での活用が図られています。(→HP参照)この灯台の照明施設は、ハンドメイドの特注品だそうで、当時の建設費を今の金額に換算すると約40億円だそうですからすごいことです。
 かつてはこの灯台の照明の燃料にはチューリップの油が使われており、灯台ですからかなりの燃料を使うことため、燃料の搬入がかなり大変だったそうです。灯台の辺りは岩だらけで、人力で燃料を運んでいたというのですから、相当大変だったことでしょう。その後は電気に替わったそうですが、現在では灯台としての役目はしていませんが、夜になると照明が点灯されるそうです。それを聞くとなんとなく、ロマンを感じますね。
 灯台の近くにカフェもありフィーカも食事もできます。近くには砂浜もありキャンプもできるそうなので、夏になったらまた来てみたい気がしました。あー、それにしても寒かった。
P1000788P1000786P1000795P1000803

|

« スウェーデン的デザイン/Swedish design | トップページ | 治安/Peace »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スウェーデン的デザイン/Swedish design | トップページ | 治安/Peace »