« 散歩道/Promenade | トップページ | スシ/Sushi »

アルコール事情/alcohol

 日本を出発してから約1ヶ月が経とうとしています。この間良く考えてみると、ほとんどアルコールを飲む機会がありませんでした。スーパーで売っているライトビールというアルコール分が2~3.5%くらいの軽いものは何度か飲んだのですが、一般的な濃いビールを飲んだのはストックホルムで1回くらいでしょうか。
 というのも、スウェーデンではライトビールなどの度数の低いもの以外は、国が管理する専売公社「システムボラーゲ(System Bolaget)」という店でしか買えません。このアルコールの流通を政府が管理する政策は、スウェーデンの歴史と深い関連があるそうです。18世紀頃、生活難などの理由から人々は飲酒に走り、アルコール中毒者が増加して社会が荒廃した時期があったそうです。19世紀に入り、それを見かねたある牧師が禁酒運動を提唱したところ、各界からそれに賛同するものが増え、19世紀半ばから政府は専門の店でしかアルコールを販売しなくなったそうだ。それから1世紀半、今でもこの酒専売の制度が続いているのです。
 実際にこの広いシェレフテオの中にも、この専売店は2、3店しかないと聞きました。しかも夜間、祝祭日は閉まってしまうとか。街の中にはパブも5店くらいしかありません。それに比べると、日本は居酒屋、スナック多いですよね。それ以外には、レストランで食事の際に飲むことがあるそうです。なので、自然とお酒を飲む機会も少なくなりました。
 前置きはこれくらいにして、このシステムボラーゲという店に今日、初めて足を踏み入れてみました。店内はワイン、ビール、ウォッカ、ジン、ウィスキーと多種多様なお酒が並べられています。ビールだけでも80銘柄くらいあるでしょうか。スウェーデン産はもちろん、ヨーロッパ各地のビールが並べられています。スーパーで買えるライトビールは、日本の発泡酒・雑酒くらいの値段で1缶110~140円なのに比べ、ビールは倍くらい(200~300円)はしますね。ビールのアルコール度数も5%~10%くらいまで色々です。度数に比例して値段も高いような気がします。でも思ったほど値段は高くなかったです。
 ワインはもっと品数豊富です。フランス、スペイン、南ア、チリなど世界各地からの輸入ワインがあります。スウェーデンのは見なかったのですが、この国にはワイナリーはないのでしょうか。ワインは170ページもあるワインリストも置いてあり、取り寄せもできるようです。このリストには日本酒の項目もあり、「真澄・辛口生一本」(→これです)とアメリカ産「月桂冠」の2銘柄がありました。値段を見てびっくり。真澄の方は、300mlが250クローナ(約4,500円)です。日本での価格は600円弱だそうです。7倍以上の値段じゃないですか。日本の酒豪の皆さん、スウェーデンでは日本酒は高級品のようです。
 ということで、高級品は私には買えそうにないので、ベステルボッテンの地ビール「ノルランドグルド」ほか、スウェーデン産、デンマーク産ビールを買ってきました。そういえば、こちらの人はビールを冷やさずに室温で飲む人も多いとか。夏に飲むギンギンに冷えたのもおいしいと思いますけどね。これも文化の違いか・・・。
P1000565P1000568_1

|

« 散歩道/Promenade | トップページ | スシ/Sushi »

コメント

いつも異文化レポート楽しく読んでます。
さて、酒ネタでしたが、秩父吉田でやっと本物のグリーンツーリズムらしい、米作りから酒造りまでの「緑と清流、秩父酒造り学校」が動き出します。スウェーデンでも素材作りから製品をつくりあげるようなプログラムがきっとあると思いますが、この間のムッレと同じく、小耳にはさんだらまたレポートしてくださいね。

投稿: ふるさと創造人 | 2007年5月19日 (土) 09時45分

この前ここに書いたFallforsというコテージのあるキャンプ場のHPがありましたのでご覧ください。サーモン釣り、マウンテンバイク、カヌーほかたくさんの体験プログラムがあります。
http://www.fallforscamping.se/en/

さすがに酒造りはないかもしれません。ですが、この前おじゃました家で、ホームメイドのベリーのお酒をデザートにごちそうになりました。お酒といっても、フルーツワインなので甘く口当たりの良いものでした。アルコール度は低いでしょう。でも密造酒かな?

投稿: kinta | 2007年5月20日 (日) 05時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散歩道/Promenade | トップページ | スシ/Sushi »